研修5日目 OSについて

お久しぶりでございます。1日目以来の小島です。

これからは3日に一回登場するのでよろしくお願いいたします。

さて本日は朝から前に立ってホワイドボードに書きながら説明をするという発表の課題がありました。

私はファイアウォールとDNSというものを担当いたしました。

こちらが台本になっております。

一枚目。

二枚目。

        そして3枚目。

やはり汚いですね。申し訳ありません。

私はもともと前に立って話せるようなタイプではないので大変苦労いたしました。

まあ明日もあるんですけどね。

 

気を取り直して今回の研修は主にOSの話をしました。

私は一言にOSと言われたらWindows、ios、androidくらいしかでてこなかったのですが世の中にはものすごい数のOSがあるそうです。

授業に出たOSをご紹介します。

MacOS Linux UNIX CentOS ArchLinux IOS Fedra Red Hat Linux Red Hat Enter Prise

これだけでも氷山の一角に過ぎないそうです。およそ700種類あるとか。

UNIXというものはすごい高性能なのですが制限がありお金を払わないとすべての機能をつかえないらしいです。

で す がリーナス・トーバルズさんが開発したLinuxはUNIXに似たようなものを作ってやろうってできたらしいです。

なのでUNIXを無料ですべての機能を使っているようなものです。ただし、GPLというどれだけいじっても良いからかわりにそもいじったものを世界中に拡散しろよというきまりを作りました。

こうして拡散されて現代にLinuxが普及されたということですね。

明日はY君がブログ担当なので楽しみにしといてください。

長々と書きましたがお読みくださりありがとうございました。