研修最終日 Zabbixサーバ設定変更作業

ついに、ついに、長かった研修の最終日となりました!
本当に楽しく勉強させていただき、ありがとうございました。

さて今日は、最後の演習であるZabbixサーバ設定作業の手順書作成の続きからです。
3日間に渡る手順書との熱い戦いに、ついに終止符が打たれることになりました

『自分で作業するほうが30倍簡単』

とは先生の言ですが、手順書を見ながら作業をするだけで、「誰でも」「誤解なく」作業を完了することができ、作業後には手順書自体を納品物として提出することができるようなものを作らなければならない「手順書作成」は、本当に難しい演習でした。

「そこは普通こう捉えるだろう」「わざわざ書かなくても分かるだろう」など自分なら分かる、というものでは手順書としては相応しくありません。
他人が見て誤解なく捉えられる文章か、曖昧な表現でないか、書いた通りにやってみて、本当に作業完了できるかを考える必要がありました。
書き直しては実際にやってみるのを繰り返し、結局、4度に渡るチェックの末にOKを貰うことが出来ました!

そして午後は、手順書を実際に研修チーム内で交換し、自分が作成した手順書で他人に作業してもらいました。

 

同じ作業でも人によって書き方が違う!ということにまず驚かされました。
必要だと思う作業項目、その項目を実現するために実際に行うコマンド、そして表現方法が全然違う!
私なんかは「家に帰るまでが遠足」派ですので、PCの電源を入れるところから始まり、PCをシャットダウンして終わる、3ページに渡る手順書を作成しました。
一方で私に渡された手順書は非常にコンパクトに1ページでまとまっており、作業をする際に捲らずに済んで楽でした。

作業項目が足りず手順書の修正が必要になったりなどしましたが、なんとか作業を完了し無事にすべての研修工程を終えることが出来ました。

最後になりますが、研修チームのメンバー、講師の先生、そしてお世話になったすべての方々に、この場をお借りして御礼申し上げます。
本当にありがとうございました!