研修9日目 ネットワーク構築演習2日目

昨日は雪も降るような安定のしない天気に悩まされる今日この頃

本日は前回の続き、実機を用いたネットワーク構築の演習を行いました。

 

前日の作業手順におきまして、設定すべき部分を設定しておらず、作業を最初からやり直すことなり、各々ルーターの設定や、IPアドレスの割り振りなど、再度チーム全体で確認をしあい、気持ちを新たに作業を再開しました。チームリーダーたちの話し合いや、作業分担の割り振り等、火曜日に比べて、受講生全体がスムーズに作業を進めることができ、1つ1つの作業への理解も深まったように感じました。

しかし、一部のチームはサーバー機に接続されているルーターまでつながっていることが確認されたのですが、私の所属チームを含め一部はその手前に接続されているルーターまでしか接続されていないというトラブルが確認され、現在その原因を探しているところで本日の演習が終了してしまいました。

 

本日感じたことは、チーム内でもチーム外でもコミュニケーション、情報交換が必要であることを痛感しました。

各チームの進捗状況、どこまでは問題なく終わり、どこの部分で詰まっているのか、そこのフォローに入れる人はいるのかどうか、チームの中に気を配ることは多少できたように感じましたが、チーム以外の人までは気が回らず、各チームの進捗がばらばらになり、状況がつかめないことになり、結果トラブルが発覚しても、何が間違っているのか、どこまで正しいのかの判断がつかず結果、予定時間内に完成することができませんでした。

明日この演習の続きをする際には、各チームの状況をきちんと把握し、トラブルの原因を確認し、速やかに完成させられるようにしたいと思います。

拙い文書ですがお読みいただきありがとうございました。