研修10日目 実機演習3日目

早くも研修10日目になりました。

終わりのない曇天が続いておりますが、

3月研修生は屈託のない笑顔を絶やさぬまま厳しい実機演習に

臨む毎日でございます。

今回の研修ではESXiに繋がるRBB(ルーターバックボーン)とPCを

スイッチとルーターを介して通信できるネットワークを構築するという

ものになります。またスイッチは1つのVTPserverとそれに繋がる3つのVTPclientで

構成されるVTPを用いております。

初めは意気揚々と演習に挑む研修生一同でしたが、様々な困難が立ちふさがり、

本当にこんなネットワークが私たちにできるのかと狼狽しておりました。

しかし、第1班、第2班、第3班の足並みが次第に揃いはじめ、共に高みを目指そうと

団結を深めてきたわけであります。

本日は午前中から各班PCからルーターまでの通信しか確認できていない中、我が第3班では

電源が落ちたことによるデータの消失のため、スイッチやルーターの各種設定を一から

行わなければいけないというトラブルに見舞われました。様々な問題、障害に囲まれて

自分自身、またチームとして凄まじい速度で成長していることを肌で感じることができました。

また、全体の問題として我々が立ち向かってきたのはRBBまで通信ができないということでしたが、

講師である水谷さんによる啓示、聖書(ポリテクからの資料)によりカプセル化をすることで

サブインターフェイスにIPアドレスを振ることができるようになることを知り、我々のプロジェクトが

大きく前進し、演習課題であったネットワークの構築に漕ぎつけることに成功しました。

この研修を通してタスクの洗い出し、完結な業務報告、チームメンバーとのコミュニケーションの

大切さを学びました。

来週からはサーバー構築演習に移りますので、引き続き気合を入れて研修に臨みたいと思います。

(写真はドンキーコングの真似をする山本氏)