研修11日目 実機演習4日目

研修11日目、桜も開花してずいぶんと春らしい陽気になって来ました。

桜の姿に月日の流れを感じ、研修最終週の寂しさも少し感じています。

 

今日の研修では先日までに作成したネットワークを使い、LAMP環境を構築するため

ESXiに接続し仮想環境で一人一台マシンを作成しました。

LAMP環境は動的ウェブコンテンツを含むウェブサイトの構築に適した

オープンウェアのソフトウェア群のこと。

Linux、Apache、MySQL、PHP、Perl、Pythonのことを指します。

 

まずリーダーのお三方が話し合い、大体の時間を決め、手順を決め

その後作業を行いました。

私たちの班はどうもルーターやスイッチとケーブルの接続がゆるく

ESXiに接続するまでに物理的に切断されてしまいました。

何度か繰り返し、落ち着いたところで作成した仮想マシンにOSを

インストールしていきました。

インストールは別段難しいことはなく指示された通りに

指示された項目を選んでいくだけでしたが、意思の疎通

やコミュニケーションがうまくいかずにミスを起こして

やり直すこともありました。

簡単な手順ではありますが、人間ミスはするものですから

一つ一つ、自分を信じずに行うべきだと感じます。

私は物忘れが激しいためあまり自分のしたことを自分で

信じることはないのですが、サーバーといえば一つ

コマンドを間違えて打てばデータを飛ばす可能性がありますから

この慎重さはこの点で役に立ちそうに感じます。

 

マシンにOSを入れたところで、LANP環境のために必要な

ソフトウェアのインストールを行うための計画を立てました。

タスクの洗い出しのやり方が下手だといわれてしまいましたが、

リーダーでもない私も確かに何を今決めてるのか分からず

途方にくれていました。

タスクの決め方は論文と同じ、目次という大きな見出しから

決めるという事はつい何をしよう何をしようと考えていると

忘れてしまいがちになります。

しかし細かいところから決めると全体も分からず、ミスも

多くなるというのが今日一番の仕事のやり方に対する

勉強になったと感じます。

 

結局計画も立たず、明日までの課題となってしまいましたが

今日得たことを使ってこのサーバー構築を乗り越えて

いけるよう努力してまいりたいと思います。

 

写真、計画段階で途方に暮れている姿