研修14日目 ZabbixサーバーPing監視設定と手順書の作成

いよいよ研修も残り3日間となりました。
研修14日目を担当させていただきます。
西山(にしやま)と申します。
グループでの活動も一週間が経過し、私のチーム
でも、最初のころに比べて連携が取れてきました。

先日から、Zabbixの設定と手順書を作成していますが、
私たちの班は、他の斑と比べて人数も技術力も低く、
理解するスピードと作成スピード、そして細かいミスが多いため、
先週の金曜日には夜の23時まで居残り、何十回と訂正をしたため、
紙を50枚ほど使い、インクも使い切ってやっとのことでなんとか
手順書を完成させることができました。

手順書を利用した斑からは、知識のある人なら理解できますが、
近所の女子高生などを連れてきて手順書の通りにやっていただいても、
この手順書では理解できないのではないかと、あまりいい評価ではありませんでした。
それが悔しかったので、本日手順書を作成したときは、23時まで残ること
のないように、まずはミスを無くすために、ダブルチェックや他の方と一緒に
指さし確認を行い、誰にでもわかるような手順書を作成できるように工夫しました。

しかし、私は昨日面談を受けた会社に合格をしたので、明日から現場に行くことになりました。
なので、研修で手順書の作成などに関わることができませんが、キッティングという手順書を
使った開梱作業や必要なアプリケーションのインストール、社内ネットワークの接続設定など、
ユーザーがすぐに利用できる状態にする作業をするとのことなので、ミスをするとお客様から
直にクレームを言われたり、会社の評価にもつながると水谷さんに伺ったので、ミスをしない
ことと、現場での態度や敬語に気を付けたいと思います。

短い間でしたが、今回の研修で学んだことを土台にもっと成長していきたいと思います。