研修8日目 サーバ研修 実機確認

みなさまおはこんばんちは。本日ブログ担当の鈴木です。

今日も実習が無事に終わりました。

今日の内容をまとめさせていただきます。

 

今日はサーバ基礎の2日目。いよいよ肝に入っていきます。

午前中の課題の発表では、これから使うサーバ用のOSとして、Linuxを学びました。

それまでライセンスでがんじがらめ、それぞれかなりの金額がかかっていたUNIXを元にして、フリーライセンスで使えるOSを開発したリーナス・トーバルズさんすごいですね!

けれども実習の中で、CentOSの中にApacheをインストールする方法を探すだけで…これからこのコマンドを駆使して最終課題に取り組むと思うと、来週大変そうだなぁ…なんて思っています。

 

午後のコマでは、班分けが発表され顔合わせ。

これまで2週間一緒に席を並べてきましたが、大きい課題にぶつかるのは初めて。

どうぞ無事できあがりますように、これからよろしくお願いします。

 

そして、いよいよこれから構築するネットワークの概要が配られました。

写真の1枚目です。是非皆さん見てみてください!

ピンと来ましたか?実は先週の金曜日や今週の月曜日のブログに載せられた記事にヒントが載っていたりします。

それを思い出すだけで、班で20分くらい話してしまいました。

まだまだエンジニアのひよっこにもなれていないですね。精進しないといけません!

 

 

 

 

 

 

 

2枚目の写真ですが、いよいよCISCO製品のスイッチとルータを引っ張ってきました。

かなり重量感があって驚いています。

実際にネットワークの現場に入るとこんなものをもって動かないといけないんですね。

Catalyst2950 Seriesというスイッチ、CISCO1800 Seriesというルータです。

そしてケーブルの選定作業も行いました。

LANケーブルにもストレートとクロス2種類あるんです。

目を皿のようにして探しました。目が痛い!

 

 

 

 

 

 

 

さらにLinuxの作業はこれまでのネットワークの内容の10倍は難しいですと!!

困ってしまいます。

週末きちんとこれからやる作業内容を理解して、必要な作業をコマンドラインレベルで検討しないとです。

 

それではみなさまよい週末を!