無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

インフラエンジニアについてと就職のための研修について

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > インフラエンジニアについてと就職のための研修について

インフラエンジニアについてと就職のための研修について


インフラエンジニアについて



インフラエンジニアとは、主にサーバーサイドやデータベースの構築などを担当する仕事です。

サーバーとは、データをやり取りする際に使用される箱のようなものです。例えば、身近なところではウェブサーバーがあります。ウェブサーバーもサーバーの一つで、当然サーバー初期の段階ではこのウェブサーバーの構築を行わなければなりません。例えば、ウェブサーバーを構築してくれるアプリケーションのインストールなどもインフラエンジニアの仕事です。また、初期の段階ではウェブサーバーにアクセスすることができないため、ポートを開放して誰でもウェブページを見られるようにしなければなりません。ポートを開放するためにはiptablesというファイルにポート開放を行えるよう記述をせねばならず、iptablesを再起動すれば、ウェブサーバーにアクセスすることができます。ウェブサーバーにおいては簡単な例ですが、もし会員登録をしなければならないサイトやWebアプリケーションを構築しなければならない時は、データーベースをサーバーにインストールする必要があるでしょう。そのため、お客様のニーズや要望に応じてデータベースを構築します。

現在、日本で流通しているデーターベースは複数種類にものぼるので、要望に応じて最適なデータベースの選定を行い、それをインストールするのもインフラエンジニアの仕事です。また、データベースをインストールしただけではデータベース操作を行うことができないため、ニーズに応じた設計を行います。基本的に、アプリケーションによって構築の仕方が異なるので、様々な知識を求められます。また、プログラマーで敬遠する方が多いようにサーバーの構築は、場合によっては黒画面と呼ばれるコンソールを用います。そのため、IT技術者の中でも比較的高い技術力を要求される仕事になります。

構築だけでなく、管理についてもインフラエンジニアの仕事の一つになります。サーバーを運用していると不具合が起きることもありますが、そのような不具合が起きた時にはいち早く解決方法を見つけて対処します。もし、サーバーに不具合が生じればその期間ユーザーはそのサービスを利用できないため、早く解決できる力などが要求されることもあるでしょう。

このように、多くの技術が必要になりますが、現在この職業として働いている方の中には、仕事の魅力や楽しさを感じている方も少なくありません。例えば、魅力の一つとして挙げられるのがIT業界を支える技術者として活躍することができる点です。ネットワークの基板を支える仕事やサーバー構築の仕事はIT業界に大きな貢献力をもたらします。そのため、構築、管理や運用にやりがいを感じているエンジニアは大勢います。また、プログラミング技術を身につけることによってインフラに特化したリーダーとして活躍できる点も大きな魅力の一つと言えるでしょう。このように、数多くの魅力がありますが、実際に就職するためにはどのようにすればよいのでしょうか。



インフラエンジニアとして就職をしよう



インフラエンジニアとして就職をするためにはIT企業へ面接を受けに行き、合格することが求められます。当然、企業面接においては早く現場で活躍できる人材を獲得したいと思われていることも多いため、技術の高い方が積極的に採用される可能性があります。そのため、インフラエンジニアとして働くためにはなるべく技術を身に付けなければなりません。通信講座、スクールなども日本の都会にはあります。しかし、通信講座での知識習得においては直接講師に聞くことができないため、学習効率の低下が懸念されます。

一方で、スクールでは費用が比較的高く、まとまった時間がある方しか受けられないため、転職を考えている会社員の方がスクールに通うことは難しいでしょう。また、スクールを卒業するまでに多くの時間がかかるため、なるべく早くIT企業に勤めたいと思われている方の中にはスクールは選択できないという方もいます。そこで、就職をするためには、IT研修の利用を考えてみてはいかがでしょうか。



インフラエンジニアになるために研修を受けよう



もし、IT研修を利用すれば短期間で卒業ができます。期間は研修によっても異なりますが、一ヶ月間研修を受けてそこから就職活動が行える所もあります。そのため、比較的早く就職までの準備をすることができるのではないでしょうか。さらに、研修の中には無料で研修を実施してくれるところもあります。

無料で受けられるところを選択すれば、就職をされていないアルバイトの方や職に就いていない方でも受講しやすいのではないでしょうか。加えて、交通費なども支給してくれるので、就職までの負担が少なくなります。基本的に、講師に関しては実際に業界で活躍する方に教えてもらうことができるので、現場で役立てられる知識を習得することが可能になります。

インフラエンジニアの詳しい仕事内容と無料スクール受講はこちら



  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ