ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > インフラエンジニアに必要となるスキル

インフラエンジニアに必要となるスキル


チームで動くことが多いインフラエンジニア



ITエンジニアには、さまざまな仕事があります。ITエンジニアと一口に言っても、その中にはさまざまな業種がありますが、それらの実態は、まったく異なる職業ともいっていいほど違うものです。その中で、インフラエンジニアは、サーバーやネットワークなどのインフラに関わるエンジニアと言えます。名前の通りではありますが、インフラ設計や構築を行うだけではなく、専門家として運用も行うのが仕事です。インフラであれば、すべてお任せといっていいほどのスキルが必要と言えます。

インフラを統括していくことを考えると、チームでの動きとなっていくでしょう。つまり、統率力も必要で、打ち合わせもすることになるため、交渉力がなければいけません。進捗状況などの管理もしていくことになるため、総合的な力が試されます。ITということで考えると、スタンドアロンな仕事もある中で、人間関係にも強いことは不可欠となり、さまざまな力が必要です。逆にこうした力がなければ、やっていくことができません。それほど、一人ではできない仕事をこなしていくことになるでしょう。

非常に幅広い知識が必要で、インフラの活用ということでは、ITだけにとどまりません。設計や構築をするためには、なぜ行わなければならないのかを知る必要があるからです。これらを理解できないようでは、設計しても役には立ちません。運用もしながら、監視や保守も行うため、トラブルの際には対応できる力が必要です。それも、冷静に対処し、短時間で復旧させることが必要となります。ネットワークはもちろんのこと、技術的にもサーバーに関するスキルが必要であり、テストやキャパシティーに関することもイメージでき、マスターもしている必要があるでしょう。



重要になってくるコミュニケーションスキル



ミドルウェアの知識も必要です。OSはもちろんですが、プログラミング言語の理解も必要となるでしょう。サーバー構築ができないと意味がないからです。さらに、サーバーと密接な関係を持つデータベースに対する知識も必要とされています。

実際問題として、コミュニケーションをとることが増えてきますが、スキルとしてはかなり厳しいものがあるでしょう。個々の能力でやってきた人が多いITエンジニアの中でも、チームとしての活動が多いこともあり、インフラエンジニア同士であれば意思疎通もつきやすくはなります。ところが、他のエンジニアともそうであるとは限りません。それでも、柔軟に対応しながら、他部署と連携をとることが必要になります。クライアントとも打ち合わせをしていかなければならず、すべてを円滑にするとなると、通常考えるコミュニケーションスキルよりも、もっと高度になってくるといえるでしょう。

管理者としての能力も問われるようになります。設計をすることになるため、企画立案能力も問われるでしょう。専門的に高度な内容であっても、時にはそれを分かりやすく説明することが求められるため、すべてに関して高い理解度が必要です。IT業界は、とかく専門用語で説明する風潮がありますが、これでは仕事になりません。かみ砕いて分かりやすくするということは、仕事の基本的な部分であり、インフラエンジニアとしても大きなカギを握ります。こうした説得力がなければ、企画もできませんし、仕事にもならないため、スキルとして磨いていかなければいけないでしょう。それも、早急に身につけていかなければなりません。



体力と精神力も必要



ITエンジニアという呼ばれ方はかっこいいと言えるかもしれません。未来的なイメージもあるかもしれませんが、インフラエンジニアは体力勝負という側面もあります。知識面でのスキルは当然なければいけませんが、IT機器を運んだりすることも出てくるため、華奢な体ではやってはいけません。時間の勝負といったことも出てくるため、いつ何時でも動ける体力は重要でしょう。インフラで問題が起きれば、システムが生きていても、価値を失ってしまいます。根幹的な部分を担う仕事として、責任感とともに体力が必要となってきます。

時には、精神的にもタフであることが必要になる場面もあります。他の仕事でもありますが、システムにトラブルが起きれば、どこでも大きな損害を出します。納期なども折衝しながら進めることが必要ですし、クライアントからクレームがくることも想定されます。インフラとは、どんな言い方をしても、使えるということが重要だからです。使えないインフラは、理由がどうであれクレームになります。そうした環境に耐えながら、プロジェクトを完遂するためには、精神的に強くなる必要があるでしょう。

スキルを磨くのであれば、仮想ネットワークの知識を持つことは必須です。ITスキルだけではなく、コミュニケーションスキルをどう高めていくのかも考えるべきでしょう。実際にITスキルのように、何か形をもって学び習得できるものではありません。日々の中から高めていくことになるので、自分の中からコミュニケーションをとる方法を考え、チームを円滑に運営できるように考えていくことが一番です。

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC