ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > エンジニアお仕事や市場価値と教育研修について

エンジニアお仕事や市場価値と教育研修について



エンジニアの仕事



世界中でIT技術が進歩しており、人々はその技術によってあらゆるメリットを得ています。例えば家電製品でシステムが搭載されている製品もあります。また、パソコンやスマホの普及によって、インターネットで検索をして知りたい情報を知ることができたり、自らサイトやSNSで情報を配信したりすることもできます。このような技術が使われることで生活の利便性がアップしていますが、これらのシステムを作り上げている人、日頃から保守をしている人はエンジニアになります。そのため、エンジニアがこのような技術を支えているのです。

エンジニアができる仕事は複数挙げることができます。例えばネットワークの設計や構築などを行う仕事です。ネットワークは近年急速に発展を遂げているシステムの一つです。家電製品の中には無線通信を利用して操作することができるものなどがあります。このような電子機器のネットワークに関わる仕事も担っています。サーバーの構築や設計の仕事をしている人もいます。サーバーにも種類がたくさんあります。Webサーバー、ファイルサーバー、メールサーバーなどです。サーバーはローカル環境とは異なり、パスワードなどを設置して公開したり、誰でも自由に情報を閲覧したりすることができるように設定を行うことが可能です。サーバーの構築や設計をする時には処理速度やスペックなどを考慮して設定を行います。

また、現場によってはサーバー構築後の配線など物理的処理の仕事を担う会社もあります。基本的にサーバーにはOSをインストールさせます。OSとはオペレーティングシステムのことで、各々のOSには互換性があり動かすことができるアプリケーションの種類もOSに依存します。サーバーアプリケーションの設定も仕事の一つで、顧客の利用目的に合わせてOSの設定を行うケースが多いです。運用や保守も行います。例えばサーバーはローカル環境とは異なり一定の情報が公開されている箱のような物なので、侵入して攻撃を受ける可能性もあります。保守や運用の仕事では顧客が運用しているサーバーの監視などを行い、安全に運用できているかを確認すると共に、障害を未然に防いだり、良好な環境を保持することに努めます。その他にもデータベース操作を行う仕事やセキュリティ対策を施す人、プログラマーなどがあります。



エンジニアの市場価値について



ではこれらの仕事を担うエンジニアの市場価値はどのぐらいあるのでしょうか。基本的にエンジニアの市場価値は海外では高いところも多く、年収も高い人が多いです。一方で日本においてはアメリカなどに比べるとエンジニアの市場価値は低くなっていると言われています。しかし、今後は上昇することが期待されています。

基本的に市場価値が高い仕事はその人材を求める会社が多い仕事になります。将来的に今ある技術力が低下するケースは珍しく徐々に発展します。過去を振り返ればガラパゴス携帯がスマホに取って代わって利用者はタッチパネルでの操作が可能になりました。このような技術の進歩と共に、システムの普及は広がりを見せます。例えば昔は紙の資料で顧客管理をしていた会社がパソコンを導入してデータベースからデータのやり取りを行っています。もしこれらの技術にトラブルが発生した時においてもそれぞれの会社が自社だけで保守することは難しく、専門のエンジニアにお願いをすることになります。そのため、エンジニアからのサポートが必要な企業が増えることが予想されるため、市場価値は高くなるでしょう。もし市場価値が高くなればそれだけ求められる人材になることができるので、求人なども増えることが予想されます。

今はまだ海外よりも給与が少ないですが、市場価値が徐々に上がれば給与水準も高くなるでしょう。IT企業だけでなく、システムの普及によってあらゆる企業がエンジニアを雇用し、エンジニアの働くことができる場所は増える可能性があります。



教育研修を活用しよう



このように市場価値が徐々に高くなる可能性があるエンジニアですが、当然この職業で働くためには様々なスキルが求められます。例えばコンピュータに指示を送るための言語や、設計の仕方などが求められます。特に最先端の現場では常に最新の技術が求められるのでどのように学習をして目指せばいいのかわからない人もいるでしょう。もし学習環境の構築をしたい人は教育研修に通ってみてはいかがでしょうか。

実際にIT技術に興味のある人の多くは既に利用して就業している人もいます。求職者も利用することができますが、大学で就活をしている学生や社会人の人でも時間がある人は教育研修を受けることができます。そのため、幅広い人が研修を受けてIT技術に関する知識を学ぶことができます。独学や通信教育では自分で学習をすることになるので、モチベーションを維持して学習し続けることができない人もいますが、教育研修であれば最後までやり遂げられると思う人もいるのではないでしょうか。

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC