無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

エンジニアとして学ぶのはスクールだけじゃない

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > エンジニアとして学ぶのはスクールだけじゃない

エンジニアとして学ぶのはスクールだけじゃない


日本を支えるIT技術とエンジニアの存在



IT技術は、今の日本には欠かすことができない存在です。ブームということもありましたが、これにより、多くの企業が成長したことも事実です。その中で重要になってくるのは、エンジニアの存在です。IT技術は進化したとはいえ誰にでも扱えるものではありません。エンジニアの高い技術があるからこそ、活かされていることは間違いないことだからです。

一口にIT技術といっても、実に幅広いものになっています。ホームページを作ることもありますし、データベースの活用もあります。インフラもあればサーバーもあります。セキュリティーに関することも、重要な技術のひとつです。それぞれが関連づけられることはあったとしても、個別の技術で成り立っているということがポイントです。つまり、同じように働いていたとしても使われる技術は全く別のものであり、それぞれの力を発揮してこそ連動して大きな効果を生み出すことが出来るのです。それもエンジニアの特性であり、面白みといえるところでしょう。

エンジニアとしての技術を高めるためには、専門性の向上が欠かせませんが、専門外の技術を知ることによっても、自分自身の能力を向上させることができます。そうした発展を考えた場合、独学では限界が訪れます。ある程度までは独学でも通用しますが、より上のスキルを目指すというのであれば、もっと高い次元のレベルで学ぶことが必要となるからです。だからこそ、スクールで学ぶということも選択枝の一つに加えてみるのも良いでしょう。



スクールで学ぶことだけではない成長方法



これからIT技術者を目指したい、エンジニアになりたいと思う人はたくさんいます。ですが、やみくもに努力をすればいいというわけではありません。正確な技術と適切な判断力をつけるためには、教育を受けるということも必要だからです。スクールなどで、その分野の専門家から学ぶというのもそのひとつの答えであることは間違いないでしょう。そのほかにも、トレーニングセンターで学ぶという選択肢もあります。

トレーニングセンターで学ぶ場合、受講料がかからないだけでなく交通費が支給されるところもあります。さらに、単に知識を学ぶだけではなく、対応力を身につけられるようにな場合もあります。実際にエンジニアとしては、経験がものを言う部分があるのは確かです。場数を踏むことにより、高い対応力を身につけることは、持っている能力を発揮するために重要なことです。努力だけでは身につかないことも、トレーニングセンターでは体験することができる可能性もあります。未経験でも採用される場合がありますが、それでも、こうした経験があればもっと優遇されるのも当然です。実際に近い経験を積むことができるようになるのですから、キャリアアップにもつながります。

研修で経験値をあげることによって、状況に応じた適正な判断をすることができるようになることは、大きなメリットとなります。IT技術の対応の限界なども分かるようになり、何より日々進化していくIT業界の最前線で、新しい技術や知識を学びながら実践し、活用することで本当に理解することができることは、大きな意味があります。厳しい研修もあるかもしれませんが、知識だけを学ぶより、確実に身になるものとなるはずです。



進化を続ける業界とエンジニアの価値



エンジニアを目指すことを考えるのであれば、これからの価値ということも考えなければいけません。バブルのような時期は終わったといわれることもありますが、これからの時代において、高い技術を持っているエンジニアの価値は、上昇していることに間違いはありません。

海外と比較すると、日本での立場は低いといわれることもありますが、これも、技術レベルに比例するということを忘れてはいけません。たしかに多くの技術者が誕生しましたが、そのすべてが高いレベルを維持しているわけではないからです。その中で、差別化をつけることができる技術があれば、価値は必然的に高くなるでしょう。知識偏重では、価値が高くなることはありませんが、高いスキルと技術には相応の価値があります。

ITは年々進化をし続けていますし、スマートフォンなどの普及は歯止めがかからないほど進んでいます。その速度に対して、技術を持つエンジニアは不足しています。さらに、活用という面から考えても、レベルの高いエンジニアの価値は高まると考えていいでしょう。実際にアプリケーションなどの部門では、さまざまな宣伝効果も含め、多くのサービスを作り出してきています。これまであまり参入を考えてこなかった企業でも、効果の高さから開発を始める例は数多く出てきました。競争に乗り遅れないようにしたいと考えることから、現代社会において、エンジニアがこれから必要とされることは、容易に想像がつきます。エンジニアとしての価値を高めるのは、技術と経験です。時代のニーズを的確にとらえ、高いスキルを身につけるとよいでしょう。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ