ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > エンジニアになるためには、また年収について

エンジニアになるためには、また年収について


エンジニアの年収について



エンジニアになりたいと思われる方の中には、どのぐらいの年収を得られるのか気になる方も少なくないでしょう。この職業は一言で言っても分野が多岐に亘りますから、それぞれの分野で平均年収や最高年収が異なります。平均年収、最高年収と共に、他の分野よりも比較的高額なのがサービスエンジニアです。主な業務はコピー機やPC、サーバー機器などの機械製品の保守やメンテナンスを行う仕事になります。企業によっても異なりますが、依頼された会社に直接足を運び、その会社の機器製品を一人で保守、メンテナンスを行うケースが多いようです。基本的に問題を解決することができるまでその現場を離れることができず、更に一人で作業を行うケースが多いため、とても責任感が必要な職業になります。一方で年収に魅力を感じる方は多いです。例えば平均年収はおよそ840万円程が多く、最高でおよそ1300万円になる場合もあります。中小企業の役員と同じぐらいの収入が得られる方も少なくないため、目指す人は少なくありません。

次に高い分野として挙げられるのがシステム開発のWeb系、オープン系です。Web系では主にウェブアプリケーションなどの開発などを担う仕事になります。基本的にホームページ制作などを扱うことは珍しく、Web上でシステムの構築を行います。例えば現在ではブラウザのオンラインゲームや一般ユーザー向けのブログサービスなどを提供する企業がありますが、そのようなシステムを作る仕事です。平均ではおよそ620万円程度、最高でおよそ1100万円くらいが多いようです。サービスエンジニアよりも低いものの、日本の全体の職業の中でも比較的高く、1000万円を超えることもあるため魅力を感じる方も多いのではないでしょうか。また、実際にシステムを構築するため忙しい反面、その構築に面白さを感じる方も少なくありません。当然システム開発の職業に就くためにはある程度の知識などが必要になります。その他にも制御系のシステム開発では平均で640万円程度、最高で約930万円程になる場合があります。汎用機系では平均は570万円程、最高で約1000万円になることが多いようです。このように分野ごとで年収は異なりますが、エンジニアになるためにはどのような知識や技術が必要なのでしょうか。



エンジニアになるためには



比較的日本の職業の中でも高い月給などを頂く方が多いエンジニアという職業ですが、現場で活躍するためにはどのような知識や技術が求められるのでしょうか。例えば比較的高収入であるサービスエンジニアには機器などの保守やメンテナンスを行いますから、機器への理解が当然必要になります。トラブルが発生した機器において、何が原因でシステムがストップしているのか、などを突き止められなければ当然トラブルを解決することは難しいでしょう。また、保守やメンテナンスを行う機械製品は多岐に亘りますから、数多くの機械製品の仕組みなども把握する必要があるのではないでしょうか。

システム開発であれば実際にシステムを構築することになりますからプログラミング言語の習得などが求められるでしょう。プログラミング言語とは人間が機械に指令を出すために用いられる言語で、種類においても豊富です。例えばウェブサーバーを構築するための言語においても複数種類存在します。また、当然ウェブ開発を行うシステムは企業のスタッフや一般ユーザーが使うことになりますから、デザイン設計なども必要な作業の一つになるでしょう。デザインにはマークアップ言語などが用いられますから、見た目を良くするためにUIで用いられる言語を使うのが一般的です。また一から全て構築するのには時間がかかりますから、ライブラリなどを使用する技術が必要になるでしょう。このように様々な知識が求められるエンジニアのお仕事ですが、どのように知識を習得すればいいのでしょうか。



知識を習得するためには



知識を習得するためにはまずは書籍を読むことが求められるでしょう。例えば書店などではプログラミング言語に関する書籍などが販売されていますから、それを読んで知識習得することも可能です。しかし、本を読んで理解できる方であれば問題ありませんが、読んでもわからない人やモチベーションの維持が難しいと思われる方も少なくないでしょう。

現在ではモチベーションを維持しながら効率的に学習を進めるために研修に参加される方が多くなっています。研修では例えば毎回オリジナルのテーマを扱いながら、プログラミング言語に関する知識や機械への理解を促してくれることもあります。IT分野のトレンドの移り変わりはとても早いですが、この場合でしたらオリジナルテーマをその時々に合わせて研修してくれるため、古くなってしまった知識を習得することもありません。高い費用がかかるのではないか、と思われる方もいるかもしれませんが、費用に関しては無料で対応してくれる研修も存在しますから、そういったサービスにおいてはエンジニアに関する様々な知識を習得することができるでしょう。

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC