無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

エンジニアスクールの相場についてや選び方

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > エンジニアスクールの相場についてや選び方

エンジニアスクールの相場についてや選び方


エンジニアスクールの相場について



エンジニアスクールは主にエンジニアを目指す社会人の人や学生に対して、エンジニアになるために必要な知識を教えるスクールのことです。今ではIT企業の増加によりエンジニアの需要は高まっており、供給が足りていないところもあります。

IT分野にはたくさんの職種があります。まずWeb開発をしているエンジニアがいます。Web開発を担当する方の中でもフロントエンドエンジニアや、バックエンドエンジニアなどがあります。フロントエンドエンジニアは主にブラウザに特化したプログラミング言語を用いて、ユーザーパフォーマンスを上げるために動く機能などを追加します。例えばホームページのロゴがあり、スクロールが開始されたらロゴマークを小さくしてコンテンツを見やすくするなどの動きをWebサイトに加えます。このようにUIの機能部分を担当するのがフロントエンドエンジニアです。バックエンドエンジニアは主にデータベース操作やサーバーサイドのプログラミングを担当する人になります。Web開発だけでも様々なエンジニアが活躍しています。

当然、現場で活躍するためにはこれらの技術を習得しなければならないので、ITに関する基本的な知識が求められます。独学で勉強をする人もいます。インターネット環境が構築されていれば自分でパソコンを操作しながらプログラミング言語を打ち込み、もし分からないところが見つかれば検索で調べることもできます。しかし、疑問点などが浮上したら毎回調べなければならず、学習効率が悪くなります。そこで学習効率を上げるためにエンジニアスクールに通う人もいます。

エンジニアスクールは日本に数多く存在しており、一定の費用を支払えば利用できるところもあります。相場に関しては明確に把握されていませんが、例えばスクールの中には10万円未満で受けられるところや、10万円以上必要なところもあります。比較的他の学習内容、例えば弁理士や、税理士の資格を取得するためのスクールの相場よりも安く利用できる可能性が高いため、他の分野に比べて相場は低くなっています。相場が低いためこれからエンジニアを目指したい方やエンジニアという職業に憧れを抱いている方は、独学を選択しなくても、エンジニアスクールに通って効率的に学習をすることができます。



相場よりも安く受けられるエンジニアスクールがある!?



他の資格取得をするためのスクールに比べて相場が安い分野ですが、相場よりもさらに安い価格で提供してくれるエンジニアスクールもあります。中には無料で受講できるところも存在しています。受講料や教材費が無料なため、あまり貯蓄がない方でも利用することができます。無償と聞くと授業内容の質が低いのではないかと思われる方もいますが、現場で活用できる授業をしてくれるので、現場で使う技術を効率的に学ぶことができます。特に学生は基本的に学習をメインに行う時期であり、会社員などに比べてお金に余裕がない人は少なくありません。そのため、他の職種の資格よりも相場が安い分野でも10万以上かかる費用に負担を感じる人は多いでしょう。

さらに、交通費も支給されます。スクールへは通うことが求められます。例えば自宅の前にスクールがあれば交通費なしで通うことができますが、そのような環境で生活できる人は稀で、基本的には目的地まである程度の距離があり、その目的地に足を運ぶために電車やバスなどを利用するのが一般的になります。バスや電車は学生割引などが使えるケースもありますが、それでも移動には負担がかかります。交通費を支給してくれるエンジニアスクールを利用すれば、お金に余裕がない学生の方でも利用しやすいでしょう。

このように相場よりも安いスクールに通えば一定のメリットを得られる方もいるのではないでしょうか。



エンジニアスクールの取り組み



基本的に無償で開校しているエンジニアスクールは少ないものですが、利用者の満足度を高めるために様々な取り組みを実施しています。

例えば、一カ月でIT技術を身体で覚えられるようにスキルを一生懸命教えてくれるところがあります。講師は現場で活躍している方で、実際に現場の知識を教えてくれるだけでなく、熱心に無駄のないスキルだけを身体で覚えられるように努力をしてくれます。さらに早ければ一カ月でエンジニアになることできるので、早く知識を取得して就職活動をしたい方でも利用しやすくなっています。

また、生徒の幅を狭めないような取り組みをしています。例えば経験者だけでなく、未経験者も歓迎して入学させてくれるところもあります。未経験者の中にも当然エンジニアとして働きたいと考える人も多く、経験者だけ入学ができるところでは未経験者は学習のチャンスさえ得られないことになります。そのようなことを少なくするために未経験者でもスキルに合った研修をしてくれます。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ