無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

エンジニア初心者が活躍していくために

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > エンジニア初心者が活躍していくために

エンジニア初心者が活躍していくために


エンジニアとして活躍するのであれば



エンジニアとして初心者がどこまで仕事になるのかということは、かなり気になるところです。目指すのはいいとしても、仕事にならなければ意味がないからです。実際によく言われることとして、他業種からの転職が少ない業種である場合があります。そのため、初心者だからこそ、本当にやっていくことができるのか考えていかなければなりません。

エンジニアとして、システムを見ることになるとするのであれば、25歳がひとつの境目といわれています。求人でも多く見かけるところですが、若い年代であれば初心者でも未経験でも採用している企業は多くあるでしょう。なぜ、初心者や未経験でも若い世代だったら採用の可能性があるのかというと、社内研修などを通じて、技術者として必要な知識が身につきやすいということがあります。これは、若いからこそこれからの時間がたくさんあるということだからです。ですが、時間を有効に使って技術を高めたり、仕事としては初心者でもプログラミングを独学で高めたりしているのであれば、まったく可能性がないわけではありません。特にWebの業界で考えた時には、素人でもさまざまなことを経験していれば、評価をされることがあります。

ですが、これはあくまでも一例であり年齢が高くなるにつれて、初心者が働くのはかなり厳しいといっていいでしょう。Webの業界でも、相当な知識と経験が生かせることが条件となってきます。体力的な問題も出てきますので、アピールの仕方も考えていくことが重要になってきます。



体力も気力も充実している年代が欲しい理由



ITエンジニアの世界は、非常に華やかそうに見えるかもしれません。ですが、現実的には体力勝負の部分が残っており、初心者では肉体的についていけないということも出てきます。精神的な負担も強く、見た目に華やかな業界イメージとはかけ離れていると思う場合もあります。実際にさまざまな勉強もしていかなければいけませんし、自分の持っている技術も磨いていかなければいけません。技術は日進月歩であり、立ち止まっている間にどんどんと進化していってしまいます。その波に乗り遅れないようにしていくのですから、かなり過酷な毎日が待っているといえるでしょう。だからこそ、気力も体力も充実している若い世代をターゲットにしている企業が多いといえます。

その反面で、自分の技術を伸ばすことができるのであれば、初心者であっても関係はありません。どんどんと能力を発揮することもできるからです。自分の技術を高められるような人は、最新の技術も取り入れていくような人でしょう。そういった人であれば、気後れすることもないはずです。さらに、文系も理系も男女も関係ない業界です。能力を発揮することができるかどうか、そこにかかっているからといえるでしょう。ただし、人間関係が苦手だからというのは、エンジニアとしては向きません。かなりのコミュニケーションをとりながら進めていく仕事なのであり、スタンドアロンではないからです。機械だけを相手にしていれば良いのではないかといった認識は大いに間違っている場合もあります。



脱初心者を目指して努力していくことの意味



ITエンジニアの中でも、システムエンジニアを例にとって考えると、さまざまな資質が問われます。プロジェクトを理解し、設計図面を作り上げていかなければいけない立場であることから、理解力が重要になってくるでしょう。それを論理的に図面に起こしていくことになるのですから、相当な能力を求められます。もちろん、図面を引くのですから、プログラミングも理解している必要があり、対応力もなければいけません。さらに、折衝を繰り返していくことにもなるため、コミュニケーション能力も問われるでしょう。それも外部であるエンドユーザーを相手にすることになるのですから、かなりの能力を求められます。初心者でも目指すことはできますが、それだけ多くの資質を有していることが重要なのがわかるでしょう。

初心者であっても、そこまでの成功を目指すのであれば、プログラミング言語の1つは理解できることが必要です。これは働いている企業によっても違いがありますが、自分で勉強することは必要不可欠といえます。さらに、経験を積むとともにIT系資格も取った方が良いでしょう。業界的に、資格など役に立たないといわれることもありましたが、能力を担保できる資格は重要性を見直されてきています。こうした資格を取得していくことによって、初心者というレベルを脱することもできるでしょう。将来的に考えても、能力を客観的に示すことができるのは、マイナスになることはありません。

実際に働き始めてしまえば、初心者も関係ありません。プロのエンジニアのひとりでしかないからです。あとは、自分の持っている能力に対して、どんどん磨きをかけていく努力をすることでしょう。ドライな業界に見えますが、こうした努力なくして成功することもない業界です。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ