ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > エンジニア必見!知っておきたいビジネスマナーについて

エンジニア必見!知っておきたいビジネスマナーについて


エンジニアが持っておきたいビジネスマナーとは


エンジニアというと何か先進的な仕事をしている、というイメージがあるという方も多いのではないでしょうか。エンジニアというのは一般的に技術者という意味ですが、最近はシステムエンジニアなどのIT系が多くなっているため、パソコンでプログラムなどを行いながら非常にレベルの高い仕事をしているというイメージをお持ちの方もいると思われます。

エンジニアの仕事の多くはクライアントから仕事についての要望を聞いて、それから設計し、さらに開発するといった内容です。多くの時間はその設計やプログラミング、図面などを作るということに費やされているため、どうしても一人で作業する時間が多くなります。そこで欠如しやすいのが、ビジネスマナーです。

専門学校を経て大手企業に就職したという場合、研修期間中に新人はどの部署も同じようにビジネスマナーを学ぶ研修を受けるということもありますが、こうした研修を受けずにいきなり部署配属、また専門業者に就職をし、ビジネスのマナーも何もわからない状態でクライアントとの会議を行い、要望を聞くために1対1で会うということもあります。

現代では、かなりしっかりとしつけを受けて育ち、敬語も問題ないという人は少なく、先生や目上の方に対してもフランクな言葉使いをする方もいるようです。スポーツ系の部活などを経験していると、自然と言葉づかいや、幅広い年齢の方々がいる場所ではどう接すればいいのかということを学びます。しかしこうした経験も全く無いまま社会人として、またエンジニアとして仕事することもあるのです。クリエイティブな仕事が多くなるからこそ知っておきたい、技術者系で仕事される方のビジネスにおけるマナーは、独り立ちや、起業される方が多いこうした業界では必要なことなのかもしれません。


コミュニケーションスキルはイコールビジネスマナー


最も必要となること、それはどの職業でも求められる能力であるマナーかと思われますが、コミュニケーションは必須です。コミュニケーションをしっかり行うためには、どのような相手でも失礼の無いように話ができなければなりません。エンジニアなどの仕事をしていると、機械相手の時間が長く継続することもあり、また限られた人としか会話せずに仕事をするということも多くなるので、いざクライアントと会議、打ち合わせが必要というとき、びっくりするほどいわゆる「ため口」で話す人も少なくありません。

またクライアントがIT系ではない時も多く、要望を伝えて「こういうモノを作りましょうか」と提案するとき、専門用語の嵐ということもあります。これは相手の方がどういう人なのか基本的に考えていない証拠です。

ビジネスを行っていくうえで重要なことの中に、相手のことをよく見て相手の方が理解できるような説明ができることが挙げられ、そうすることによって円滑な打ち合わせにすることが大切です。どのような業務でも同じですが、まったく専門用語がわからない人に「今の内容はどういうことですか?」と質問され、また専門用語を利用して答えてしまうということもよく見かける光景です。

技術者が知っている言葉を素人が知らないように、素人が知っている当たり前のことも、技術者は知らないことだってあるのです。相手に思いやりを持ち、お互いに理解しあえる会議となるように、できる限り相手の立場にたった説明、打ち合わせをしましょう。これらができるということは、ビジネススキルの所持に繋がります。最低限基本的なマナーは取得し、クライアントが気分を害するような話し方はしないよう気を付けましょう。


ビジネスのマナーがないことで技術の持ち腐れになることもある


技術が高く専門学校などを特別に出ていなくても企業が必要とするIT知識、技術があるとなれば、学歴に関係なくレベルの高い仕事を任されることもあります。いきなり大きなプロジェクトに抜てきされるということも少なくないのがエンジニアの世界です。

技術を持っているということは宝です。でもこの宝を一気に崩してしまうかもしれないのが、マナーを持っていないことです。必要な知識や技術はどんどん飲み込み、自分の物としてきた、でも自分にとって必要ない知識や技術はまったくない、という方も多いのです。特にビジネスにおいて、円滑なお付き合いをするためのマナーが全くできていないという方も少なくありません。

技術を持っていることは当然有利ですが、現代は以前よりもずっとエンジニアとして技術を持っている人材が多くなってきており、その中で技術レベルが同じということなら、選ばれるのはクライアントと上手に付き合うことができ、作るものにしても商品説明がうまくできる、ビジネスを行っていく上で、しっかりとしたマナーが身についている人が選ばれます。

つまりこの先、ビジネスのマナーを持っていないことで、高い技術を持っているのに希望する業務ができないこともある、希望する就職先に就職や転職ができない可能性があるということです。現代はクリエイティブな技術を指導する専門学校や大学が非常に多くなっており、少子化ということもあり、専門的な技術を一人一人、個人指導のように指導してくれる学校も多くなっています。

特にこれからエンジニアとして転職したい、クライアントとうまく渡り合っていきたいという願いを持っている人がいるなら、ビジネスのマナーを勉強できる専門の教室、セミナーなど利用した方がより希望する未来が現実に近くなるでしょう。

ビジネスマナーも学べるエンジニアスクールならITTC

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC