ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > エンジニア研修に申し込みをする3つのメリットとは

エンジニア研修に申し込みをする3つのメリットとは


プロの指導を受けるチャンスが発生する


エンジニア研修に申し込みしようと思っているもいるのではないでしょうか。もしそう考えているのであれば、実際に申し込み手続きという行動を早めに移すのがおすすめです。エンジニア研修に申し込むことによって、プロから本格的な知識・スキルについて学べるメリットがあるからです。エンジニアはもともと専門職です。ですからエンジニアを志している人の中には、「わざわざ研修を受けなくても一通りのことは頭に入っている」と考える人もいるかもしれません。

しかし、専門学校などで勉強したことと実際に会社でエンジニアとしてキャリアを重ねていくにあたって、求められる知識とスキルは異なる部分もあります。エンジニア研修に申し込みすることで、この「業界で活かせる知識」を身に着けることができます。しかもプロの講師の研修に参加することで、実践的な知識・スキルも獲得できます。

社内で研修を行っているIT会社もありますが、この場合問題が一つあります。社内研修の場合、会社に所属しているエンジニアが講師を担当することは多いでしょう。プロのエンジニア、しかも現役バリバリで仕事をしている人なら実践的なノウハウも身についているでしょう。しかし彼らはエンジニアのプロであったとしても、教えることのプロではないです。ということはいかに知識が頭に入っていても、それをうまく教えることができないかもしれません。せっかく研修をしても教え方が上手でなければ、肝心の受講者がその内容を理解できていないということになりかねません。「名選手、名指導者にあらず」という言葉がありますが、その通りの結果につながりかねません。


異なる視点を養うことができる


社内研修を実施しているIT企業もあるようです。このような内製化された研修の場合、その会社で仕事をするにあたって、必要な内容にカリキュラムも構成されているでしょう。確かにその企業で今後ずっと仕事をする場合、そのような研修を受けることは、プラスになるかもしれません。しかし例えば今後転職することになって、ほかの企業でエンジニアとして活躍する場合、今までのやり方が通用せずに苦労することも考えられます。社内研修の場合、その会社に最適化されている半面、外部の視線とか一般的なやり方について取り入れられていないこともままあります。しかし例えば外注すれば、このような社内の価値観に偏った研修にならずに済みます。外部の目線が入ることで、よりフラットで客観的な研修が受けられるでしょう。

一般的なスキル・知識が身に付きますので、今後ほかのところに転職した場合でも異なるやり方で戸惑うといった事態も回避できるはずです。また外部のエンジニア研修を専門的に行っているところは、最新の動向なども積極的に研修プログラムの中に取り入れていることが多いです。エンジニアのような世界では、開発もどんどん進められています。最新鋭の手法を頭の中に入れておくことは、今後エンジニアとしてキャリアアップするためには欠かせないことでしょう。

このように今後にとってプラスになるような研修が受けられるところも、エンジニア研修に申し込みすべきメリットの一つといえます。普段の仕事とは異なる視点や価値観を育成でき、より広い視野に立った仕事ができるでしょう。


切磋琢磨することができる


通常エンジニア研修の場合、マンツーマンで行うことは少ないです。授業形式で、何人かの受講者を一つの教室などに集めてレクチャーするスタイルをとります。ほかにも研修を受けている人の姿を見ながら学習することになります。このような指導方式も、学習意欲を高めるために必要なことです。独学で勉強する方式もありますが、どうしても周囲の目のない分さぼりたいという欲求に駆られます。そして独学であれば、だれも見ていないので実際にさぼることも容易です。しかし研修方式であれば、自分の集中力が低下しても周りに一生懸命勉強している人の姿を見れば、「自分もしっかり受講しなければならない」という意識が働くでしょう。

このように受講生同士が切磋琢磨することで、より大きな学習効果を得られる可能性が高いです。またある程度の期間一緒に研修を受けることで、受講生の中には仲良くなる人もいるかもしれません。そしてお互いに持っているエンジニアに関する情報を交換することも可能です。その中で自分の知らなかった情報に触れるチャンスも出てきます。このように受講生同士で刺激しあって、エンジニアとしてスキルアップ・キャリアアップしようという意欲をさらに高めることもできるでしょう。エンジニアというのは専門性が高く、すでにある程度の知識・スキルを持った人が就職する職種というイメージがあるかもしれません。しかしそれでも事前研修することで、エンジニアとして必要な実践的なノウハウを獲得できるメリットが期待できます。研修があれば申し込んで、自分を高めることも決して損ではないでしょう。

基礎から学べる無料エンジニアスクールならITTC

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC