無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

サーバーエンジニアに求められるスキル

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > サーバーエンジニアに求められるスキル

サーバーエンジニアに求められるスキル


サーバーに対する専門家として



ITエンジニアの中でも、インフラの中で活躍する仕事がいくつかあります。そのひとつとして挙げることができるのが、サーバーエンジニアです。インフラを取り持つエンジニアの中でも、サーバーに特化したエンジニアで専門家という立場になります。

サーバーの専門家ですので、構築から運用、保守点検といったことまで、すべて自分の専門とする領域に収めることになるでしょう。知識としてもスキルとしても、サーバーに関することなら何でもお任せといった存在です。そのため、もちろんハードの知識がなければいけません。構築をおこなうために、適切なものを選んでいかなければいけないからです。さらに、ハードを設置するためには、配線などの知識もなければならず、電気なども理解しておかなければいけません。そのうえで、OSのインストールや設定もできることが必要です。それだけではなく、サーバーを守るためのセキュリティーも領域に含まれることになります。

必須スキルとして考えると、OSの知識が必要不可欠であることは明白でしょう。機材の設置ができたとしても、運用するためにはOSがなければいけないからです。ハードに強いことは大切ですが、OSに関しての重要度は高いです。OSもひとつだけに詳しいのでは意味がありません。クライアントが要求するものに対して、適切なOSを選ぶ必要がありますので、複数のOSを理解して使いこなせる必要があるでしょう。

セキュリティーに対する知識も重要です。せっかくのサーバーが、セキュリティー上のトラブルによってダウンしたり、ウイルスによって情報漏えいを起こしたりすれば、大きな問題となります。専門家として防御策を講じることは当然ですし、あらかじめ対応できるスキルをもっていなければいけません。技術的にも重要になってきますので、常に新しい情報と対策を講じられるようにしていくことが必要です。



インフラとの関係性



サーバーは、ただそれだけで機能はしますが、役目を果たすことを考えると、ネットワークがなければいけません。サーバーを利用するということを考えても、ネットワークのスキルはサーバーエンジニアに必須の能力であるといえるでしょう。インフラを構築する力はなくても、ネットワークを通じ、他とつなげることができなければいけません。これは大きなポイントであり、スキルがなければいけないところといえます。

サーバーは、インフラでつなぐことになりますが、正常に動いて初めて意味があります。クライアントとしても、動かないサーバーに価値は見出せません。そのため、運用も保守も動き続けるということが重要であり、正常に稼働できるようにしていかなければいけないといえるでしょう。もしも、何らかの異常が見られたときには、サーバーとして利用できる環境を作り、速やかに原因を追究し、稼働率を高めていかなければいけません。原因追及をおこなうためには、情報からの検証能力が必要です。即座に復旧させるためにも、限られた情報の中から分析し、適切な方法を見つけるスキルがなければいけません。クライアントが利用するということでは、もっとも重要なスキルともいえるでしょう。



資格は自分の看板となる



サーバーエンジニアは、スペシャリストとして活動していきます。どんどん仕事の幅が広がっていくと、インフラの設計や提案まで行うことも出てくるでしょう。そのため、上流工程に関しては、スキルを高めることは、正しい方向性です。資格も取得することができれば、道は広がっていきます。

しばしばIT系の資格は役に立たないといったことを耳にするかもしれません。ですが、サーバーエンジニアの将来を考えた時に、クライアントと折衝することが出てくるでしょう。クライアントはIT業界の人間とはかぎりません。それどころか、まったく関係のないクライアントも多くなります。そうなると、いったいどんな能力を持っているのか判断することができません。その時に、資格があれば、はっきりと伝えることができるようになります。これが大きな差となってきます。

ITという業界の内部にいる状態においては、資格を持っていたとしてもそこまで評価されることはないかもしれませんが、対外的には十分に評価される可能性があります。資格にもいろいろとありますが、取得することによって、OSやネットワークに対して一定の知識を有していることを証明できるため、対外的にもわかりやすいでしょう。企業によっては、資格取得がさまざまな条件として位置付けられていることもあるため、スキルアップを考えるのであれば、確実に狙っていかなければいけません。

サーバーエンジニアから、ネットワークエンジニアということも、ひとつのキャリアプランです。この場合には、コミュニケーション能力が大きく問われるようになるため、意識しながら鍛え上げていくことが必要でしょう。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ