ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > ニートの就職について

ニートの就職について



ニートが就職するメリットとは



日本では就業せず、家事や通学、職業訓練をしない人も存在しています。一般的にはニートと呼ばれます。この言葉はイギリスで言い出された言葉になります。それが徐々に日本でも伝えられ2004年には日本で広まりました。今でも使われる言葉ですが、実際に現在ニートで職業訓練をすることを検討している人もいるでしょう。

例えば現在では親御さんに面倒を見てもらっている人でも時が経過すれば今度は自身が親御さんをサポートする必要が生じる可能性があります。また、20代から30代前半にかけて結婚する人も多いので、いつかは結婚をして家庭を持ちたいと考える人も少なくないでしょう。親御さんをサポートしたり、結婚したりするためにはまず生活費用が必要になります。当然、生活費用がなければ自分で食事をしたり光熱費の支払いをしたりすることができません。また、将来的には車が必要になる人もいるので車のローンも支払わなければなりません。実際にニートが就職することでたくさんのメリットを得ることができます。

メリットの一つとして挙げられるのが、毎月の給与が保証されている点です。就職をすれば、月給という形で就業先から給与を得ることができます。求人や業種によっても異なりますが、20万円以上の収入を得ることができるところも少なくありません。給与が保証されることで毎月の生活費用を準備することができ、また、将来のための貯蓄なども行うことができます。その他のメリットはボーナスを貰うことができる点です。ボーナスは年に数回支払われる特別な給与のことになります。例えばボーナスがあればそれを貯蓄したり、家電や家具の買い替えなどに使用することもできます。一般的にボーナスは給与よりも大きな額が支払われます。また、回数に関してはそれぞれの就業先で異なります。社会的な信頼を得ることができる点もメリットです。

社会的に信頼が高いことで得られる利点も大きいです。例えば社会的信頼があれば車のローンを組むことができます。確かに一年目から大きな額のローンを組むことはできないケースが多いですが、3年以上勤めれば社会的信頼が高くなることが多いので、ローンを組んで毎月返済していくことができます。そのため、親御さんの介護や家庭を持つために車を所有することができる人も多いです。このようにニートが就職すれば様々なメリットがあるので、この機会に企業に勤めることを検討してみてはいかがでしょうか。



職業訓練について



ニートの方の中には就職ではなくまずは職業訓練を受けて卒業しようと考える人も少なくありません。例えば職業訓練を受ければニートの定義には該当しないので、卒業できます。実際に職業訓練を行うことで利点を多く獲得できます。

例えば就職するための知識や技術を身につけることができる点です。基本的にお仕事の中には専門的な知識や技術が求められるケースが多いです。今ではIT企業が活躍していますが、IT企業に就職するためにはIT分野の知識が必要になります。サーバーの保守をする仕事であればサーバーの仕組みなどを知ることが求められるでしょう。また、WEB関係のお仕事であればhtmlやcss、javascriptなどの知識が求められます。今では求人によって未経験者でも採用してくれるところがありますが、知識が何もない状態で就業すると周囲のスタッフについて行くことができないので、負担が大きくなります。もし職業訓練を受ければある程度の知識や技術を習得した上でその会社に勤めることができるので、負担が少なく就業を開始できます。

現在では職業訓練をしてくれるところが多いですが、まず自分が就業したい業種を検討する必要があるでしょう。例えばIT技術に携わるお仕事をしたい人はそのような職業訓練を行うスクールなどに通うことになります。業種が決まっていない方は自分のやりたいことを考えてから職業訓練を開始しましょう。



スクールの選び方のコツ



現在では就職を希望する人のために職業訓練をしてくれるところが多いですので、スクールの選び方を知っておくと参考にできる可能性があります。

選び方のコツとしては応募資格を確認することです。実際にニートの人の中には就職をするための技術習得を今まで行ったことがない人も少なくありません。そのため、資格を求められるスクールなどを利用できない人も多いでしょう。現在のスクールの中には資格を求めないところ、学歴が必要ないスクールもあるので、そのようなスクールを選択すればニートの人でも職業訓練を受けることができる人が多いでしょう。しかし、応募資格にはやる気などを求めるところも多いです。その他のコツとしては通うことができるかどうかです。自宅から近いところにあれば通うことができるでしょう。また、選ぶ際にはスクールの受講料なども確認します。更に、就職サポートなども確認して選択をします。

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC