無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

ニートは就職しよう

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > ニートは就職しよう

ニートは就職しよう



ニートが就職するメリットとは



日本では学校を卒業して新卒者として採用される人が多いですが、就業場所が見つからずに就職浪人をしてそのまま挫折してしまう人も少なくありません。また、求職活動に対しての目的などが見つからずにモチベーションを維持できない人も多くいます。そのような人の中にはニートになり、親御さん等から生活をサポートしてもらっている人も少なくないでしょう。もしニートが就職をするとしたら、そのことによってどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。

メリットの一つとして挙げられるのが安定した給与を得ることができる点です。当然ではありますがニートの時は就業をしていないので親御さんからお小遣いを貰い、その範囲内で生活をしている人も多いです。また、お小遣いを貰っている人の中には親御さんに申し訳ないという思いを抱いている人も少なくないでしょう。もし会社に勤めることができれば安定して毎月給与を支給してもらうことができます。給与があれば自分に必要な分の一カ月のお金を自身で稼ぐことができるので、自立できるようになる方も多いのです。社会的信頼を得られる点もメリットの一つになります。社会的信頼が高いとローンを組むことができるなど様々な利点があります。日本の主要都市で生活をしている人は、交通機関が充実しているので、電車通勤ですが、田舎の土地であれば電車よりも車での移動の方がしやすいと感じる人は少なくありません。そのため、車を購入する人もいますが、一括で購入する人もいれば、ローンを組む人も多いです。もし就職をしていればローンを組む時に一定の支払い能力を示すことができるので、ローンが組みやすくなります。

また、新しい人脈を作ることができる点もメリットの一つになります。ニートとして生活をしていると、学生時代からの限られた友人としかお付き合いをしていない人は少なくありません。そのため、人間関係が狭くなる人もいます。もし、お仕事をスタートさせれば、その会社に所属している方や取引先の方などあらゆる人と出会うことができるので、友人を増やすことができる可能性があります。

その他にも安心できるという点を挙げることができます。例えば給与が定期的に支給されるので、会社を辞めたり倒産したりしなければ安心して生活ができます。福利厚生なども充実しているところが多いので、様々な点で会社から手厚いサポートを受けることができます。



ニートが就職をするためにはまず現場で活用できる知識を身に付けよう



このように就職をすることによって様々なメリットがありますが、どのような場所に就職するケースでも現場で活躍できる一定の知識を求められることが多いです。

例えば今ではIT企業が従来に比べてたくさんあり、人材を募集している会社も少なくありません。実際にエンジニアなどIT企業で働く人達に憧れを抱いている人もいるのではないでしょうか。IT企業も同様に、多くの企業においてはできるだけ短時間で即戦力になってくれる人、または指導をして成長が見込める人を雇用したいと考えます。したがって、現場で活躍できる一定の知識や技術を身に付けたいと考えるニートは多いでしょう。そのため、学習を検討している方も少なくありません。現在では現場で活躍ができるようにサポートしてくれるスクールが複数あるので、そのスクールを利用することで現場で役立てられる技術を身に付けることができる可能性があります。スクールに通うことで現場に入る前にIT技術に関しての知識を身に付けることができ、就業してから短期間でお仕事を任されるようになる可能性もあります。しかし、ニートの中には実際にスクールに通うためにはどのぐらいの費用が必要なのか、ある程度の経験が必要なのではないかと不安を抱える人も少なくないでしょう。



スクールを選ぼう



就職するためにスクールの選択を検討しているニートも少なくありません。しかし、実際にIT技術などを教えてくれるところは複数あります。では、どのようなスクールを選べば、通いやすくて、就職に有利になるのでしょう。それがわからない人も多くいるのではないでしょうか。

まず、費用について考えることが選び方のコツです。実際にニートの人の中には貯金が少ない人もいるのではないでしょうか。基本的にスクールにおいては一定料金をお支払いして利用するケースが多いですが、現在、IT技術を教えてくれるところの中には受講料無料で講義を提供してくれるところがあります。無料なので、貯蓄が少ない人でも利用しやすくなっています。また、交通費なども支給してくれるスクールもあります。費用面の負担を少なくして就職するための知識や技術を習得することができる可能性があります。お問い合わせや受講に関してはホームページから行えるのでエンジニアとして就職を考えている人は一度受講を検討してみると良いでしょう。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ