無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

フリーターからエンジニアになるための方法とは?

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > フリーターからエンジニアになるための方法とは?

フリーターからエンジニアになるための方法とは?



フリーターから脱却してエンジニアになろう



フリーターというのは、特に定職に就くことなく非正規として働いている人のことを言いますが、最近は就職難のために20代から30代のフリーターの数が急増しています。もちろんそれぞれに生き方がありますので、一概に悪いとは言えませんが、やはり長い人生の中で考えると将来的にも不安要素はあります。また、実際に現在フリーターとして働いている方の中には、このままだと将来が開けないと迷っている方も少なくありません。社会的に不安定なので、どうしても景気が悪化したら真っ先に解雇されてしまいますし、基本的に福利厚生や賞与などもありませんので、賃金の上昇が見込めることはほとんどありません。また、与えられる業務も特に専門性を必要としないものばかりなので、新しい知識や技術が習得できる見込みも薄いです。

したがって、将来のことを考えているのであれば、早い段階でエンジニアなど専門職を目指して活動することも一つの手段です。現代はIT社会なので、エンジニアの需要はどこの企業にもあります。また、これからはますますコンピューターが普及していくので、むしろエンジニアを必要としない企業のほうが少ないと言っても過言ではありません。

一方で、エンジニアという職業は需要に対してまだ供給が追いついていない状態です。そのため、今から頑張ればたとえ現在フリーターだとしても、将来的には正社員として活躍できる可能性があります。また、正社員になればフリーターのときより社会的信用や収入を得ることができますので、一気に道が開けてきます。正社員だけに責任はそれだけ重たくなりますが、その分やりがいがありますので、働くのが楽しくなってくるでしょう。エンジニアという職種であれば、フリーターから脱却して正社員として活躍するには最適だと言えます。



フリーターこそエンジニアになるべき理由とは?



そもそも、現在フリーターの方がエンジニアになった方がいい理由は何でしょうか。基本的には最先端技術を使ってシステムの開発をするのが仕事なので、常に時代のトップを生きていくことができます。また、会社の研修や教育制度を利用すれば、自分の能力やスキルをアップさせることができるので、将来的には転職や独立も視野に入れることが可能になります。

また、IT業界というのは、スキルが高いほど高給を得ることができる業界なので、今はまだ初心者であっても能力を身につければ将来的にはフリーターとは比べ物にならないくらいの収入を得ることができる可能性もあります。また、優秀なエンジニアであれば、会社も手放したくありませんので人よりも早く出世しやすくなりますし、昇給もしやすくなります。

さらに、現代はコンピューター無しでは生活できないくらいコンピューターが身近なものになっているので、業界自体の景気が非常にいいです。他の業種と比較しても比較的安定していますし、これからますます需要が高まる可能性は高いです。エンジニアという仕事は、何かを販売したりすることがありませんので、在庫を抱えることもなく事業としてはリスクを最小限に抑えつつスタートすることができます。そして、軌道にも乗りやすいというメリットがあります。また、将来的には人間に代わってロボットが活躍する時代が来ると言われているので、今後もますますエンジニアの需要は高まってくるでしょう。今からエンジニアを目指しても遅いということはありません。



フリーターからエンジニアになるためにはどうすればいいの?



では、実際にフリーターからエンジニアになるためにはどうすればいいのでしょうか。実際に初心者の状態で求人に応募してもエンジニアとして採用されることはほぼありませんので、まずは必要な知識や技術を身につける必要があります。そのためには、短期間でITスキルを習得でき、かつ就職までできるスクールに入学するという方法がスムーズです。

独学で学ぶ方法もありますが、人によっては独学で学んでもすぐに限界がきてしまうことがあります。しかしスクールで集中的に学習すれば、短期間でも非常に効率よく正確な内容を学ぶことが可能です。また、スクールであれば実際に現場で活躍している方が講師として教えてくれますので、生きた技術や知識を学ぶことができ、就職にも非常に有利になります。

フリーターという経歴はどうしても就職活動においてはマイナスになりがちですが、それでもスクールで一生懸命学んでいけば、採用される可能性は非常に高くなります。今やどの企業も即戦力を求めているので、スクールで現場に必要な知識と技術を体系的に学べば、就職した後でも困ることは少なくなるでしょう。ネットから探せば簡単にスクールを見つけることができるので、ぜひ色々探して比較検討するといいでしょう。また、入学するときには、なるべく就職率が高いスクールを選べば将来的に有利になることもあります。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ