無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

学生がインターンに参加する魅力やエンジニアの利点と目指し方

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > 学生がインターンに参加する魅力やエンジニアの利点と目指し方

学生がインターンに参加する魅力やエンジニアの利点と目指し方



学生がインターンに参加する魅力とは



学生の中には普段からアルバイトをして社会人が働く様子を見ている人もいますが、一度もアルバイトをしたことがないという人も珍しくないので、就職を検討している人の中には一度お仕事の現場を見ておきたいという方も少なくありません。日本には複数の業種があります。例えば製造業を営む会社や運送業など様々です。業種は複数ですが、学生の中にはIT系企業への就職を検討している人もいるのではないでしょうか。実際にテレビドラマなどではIT企業を舞台としたストーリーが放送されることもあり、その登場人物に憧れる人も多いです。IT系企業の中で働く人は部署などによって異なりますが、システム設計や構築をしている人をエンジニアと呼びます。

地域によっても異なりますが、エンジニアを目指している学生向けのインターンが提供されており、目指したい方の中にはインターンに参加している人も少なくありません。では学生がインターンに参加することによってどのような魅力を得ることができるのでしょうか。魅力として挙げられるのが、働く様子を具体的に確認することができる点です。例えばパソコンの前に座るだけでなく、企業によってはシステム構築以外にも営業やクライアントの接待などに対応しなければならないケースもあります。インターネットで調べることもできますが、実際に働いている様子を直接目で見て確認できるので、自分でやり遂げられそうかなどを確認することができます。

インターンに参加をすれば実際に現場で必要な知識や技術を学ぶことができます。インターンによっても異なりますが、働く様子を見るだけでなく仕事の楽しさを学ぶために業務に参加させてもらうことも可能です。そのため、現場に必要な知識や技術を就業前から知ることができます。自分を知ってもらい売り込むことができるという点も魅力の一つです。実際にインターンに参加した人の中には、参加企業に面接を勧められるケースは珍しくありません。全ての人が声をかけてもらうことができるという事は少ないですが、チャンスを得ることができる可能性があります。また、参加したことが就職活動をする時に活用できる可能性があります。例えば就職活動をする時は企業側から自己PRなどを尋ねられることもありますが、インターンの経験を伝えれば企業の中には一定の評価をしてくれるところもあります。



エンジニアについて知ろう



このようにインターンに学生が参加することで様々な魅力を得ることができますが、エンジニアと一言で言っても担当する分野は多岐にわたります。例えば、システムの運用や構築には様々なエンジニアが関わっています。多くの人が思い浮かべることができる分野としてはプログラミングなどを用いてシステムを構築する人です。主にプログラマーと呼ばれることが多いです。プログラマーは様々な言語を用いて機能を構築します。例えばデータベースに接続させるためにプログラムを記述したり、SQL文で実際に情報を取得したりすることもあります。

プログラマーだけでなく、データベース構築に携わるエンジニアもいます。SQL文で問い合わせをする機会は少なく、主にデータベースの設計などを行います。データベースは様々な情報を蓄積するスペースになります。このスペースにどのようなデータを保管するのかをデータベース設計で決めることが多くなります。

セキュリティを担当する人もいます。セキュリティは幅広い企業に求められているように、プログラムに脆弱性が見つかるとその製品を使用する多くの人が被害に遭う可能性があるので、脆弱性がないか、安全に運用できているかなどを監視します。

そしてサーバーを担当する人もいます。例えばサーバーの構築はもちろんのこと、運用や保守などを行うエンジニアもいます。このように様々なエンジニアの種類がありますが、実際にエンジニアとして就業するためにはどのような目指し方があるのでしょうか。



エンジニアになるための目指し方



エンジニアの目指し方は複数挙げることができますが、一般的な方法としては知識や技術を教えてくれるスクールを利用することです。基本的にシステムの構築など義務教育課程で習ったことがない内容を扱うので、専門のスクールに通って身に付ける人も多いです。実際に日本には無料で講義を提供してくれるスクールや交通費を支給してくれるところもあるので、費用の負担を少なくしてスクールに通うことができます。

その他の方法としては通信講座や独学などによって知識を身に付けて資格を取得する学生もいます。技術に関する試験は複数あり、資格を取得することで企業側から一定の評価を受けられる可能性があります。しかし、モチベーションをキープして行える人は独学や通信での学習を選択しますが、独学や通信は基本的に自分自身で取り組まなくてはならないので、自信がない人や直接質問をするなどして効率的に学習したい人は無料のスクールを選択しましょう。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ