無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

学生の間にエンジニアスクールに通うべき理由とは?

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > 学生の間にエンジニアスクールに通うべき理由とは?

学生の間にエンジニアスクールに通うべき理由とは?



学生が最短で一流エンジニアになるためには?



理系の学生であれば、将来はエンジニアになりたいと思っている方がたくさんいますが、実際にどのようにすればエンジニアになることができるのでしょうか。多くの学生は学校で必要な知識を学ぶことができると思っていますが、やはりそれだけでは不十分だと言えます。企業で活躍できる一流エンジニアになるためには知識はもちろんですが、できるだけたくさんの経験を積むことが必要不可欠です。しかし、学校に通うだけでは知識は学べても肝心の実務という面を補うことができません。もちろんどこかの企業にアルバイトをするという手段もありますが、やはりアルバイトだけでは実践的な知識を学ぶには不十分です。

そこでお勧めなのが、エンジニアスクールに通うことです。専門学校とは違うのですが、スクールに通うことで将来その分野で活躍するための知識を体系的に学ぶことができますし、何よりもスクールの講師というのはすでに第一線で活躍している方なので、無駄のない実務的なことを教えてもらえます。さらに、学んだことをすぐに活用することができるように実際の現場でカリキュラムを組んでくれますので、一般的な学校やアルバイトとは違って無駄がありません。

エンジニアというのは、新しい技術を開発したり既存のサービスや技術を正しく動作させたりするために必要な人材なので、どこの企業も即戦力になる人材を求めています。早い段階で必要な知識や技術を習得しておくことで、就職活動に有利になるのはもちろん、入社してからも第一線で活躍できるようになります。また、スクールといっても入学するときには難しい専門知識は必要ではありませんので、初心者でも入学することができます。



学生の間にエンジニアスクールに通うメリットとは?



学生の間にスクールに通うメリットとしては、やはり学校では学ぶことのできない技術を習得できることです。実際にスクールに通うことで、サービスにコミットできるレベルまで技術を磨けます。実際に現場で使われている技術をしっかりと基礎から学ぶことができるので、非常に大きなスキルアップになります。また、講師とコミュニケーションを取ることで、非常に視野が広がります。仕事の話やこれからの自分の進路に関してしっかりと相談に乗ってもらえるチャンスがあるので、ぜひ積極的に講師とコミュニケーションを取るようにしてください。第一線で活躍している方の言葉というのは非常に重みがありますし、現場で使うことのできる生きた知識なので全てを習得するつもりで学ぶようにしましょう。

また、普通に学校を卒業するよりもずっと高度な、新卒として必要十分な知識を身につけることができます。最近の企業は新卒の学生に対しても実践的な知識を求めているので、早い段階で身につけておくのに越したことはありません。また、スクールを通して自分が身につけるべき知識が何なのかがはっきりとわかるようになるので、目的意識を持って学ぶことができるようになります。

さらに、スクールを通して自分がどの分野に向いているのかがわかるようになるので、自分の長所をさらに伸ばすべきか、それとも短所を補うようにするべきなのかも考えることができるようになります。つまり、スクールに通うことで、客観的に自分のことがわかるようになるということです。



エンジニアスクールに通う学生は就職活動にも有利に



最近はどこの企業も優秀な学生をなるべく早い段階で取り込むようにしています。したがって、スクールに通って良い成績を残すことができれば、そこから就職への道も開けてきます。もちろん学校で良い成績を取ることも大事ですが、やはり就職活動中の面接においてスクールに通って学んできたとアピールすることは、他の応募者よりもずっとインパクトを残すことができるので内定にも繋がりやすいです。もちろんただスクールに通うだけでは内定に繋がりませんが、真剣にスクールに通うことで就職活動で有利になりますので、もしもスクールに通うと決めたのであれば、あらゆる知識を取り込むつもりで真剣に通うようにしてください。

また、実際にスクールに通うときには学校やアルバイトとの両立が難しくなりますので、自分にとって無理のないカリキュラムを組んでくれるところに通うことが大事です。もちろんその分ハードになりますが、それをクリアできたときには自分にとって大きな財産になりますので、将来エンジニアを目指しているのであれば、積極的にスクールに通ってみましょう。最近は色々なスクールがありますので、まずはネットで探してどのようなスクールがあるのか比較検討してみることをお勧めします。また、もしも今の段階でパソコンを持っていないのであれば、パソコンを貸与してくれるスクールを選べばわざわざ新しく購入する必要がありません。そのような親切なスクールもありますので、ぜひ見つけてみましょう。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ