無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

就職支援スクールを利用しよう

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > 就職支援スクールを利用しよう

就職支援スクールを利用しよう


就職支援をしてくれるスクールを利用するメリットとは!?



就職活動をしている学生やフリーターは少なくありません。基本的に就職活動をしている人は正社員になることを目指しています。例えば正社員になることで安定した生活を送れるようになります。何故なら、給与が毎月支給されるからです。更には年に数回の特別賞与、また、もし風邪などにかかった時は有給休暇を頂くことができます。そして、社会的な信頼性も向上し、社会から信頼される人物になれる可能性があります。信頼されれば、車や住宅ローンを組めるようになったり、クレジットカードを契約したりしてお買い物に活用することができるようになります。

このように様々な利点を得ることができますが、アルバイトに比べて社員になることは難しいです。例えばそれなりに技術がなければ就職をすることができない可能性があります。日本ではIT技術が向上しており、様々な企業がエンジニアを募集しています。しかし、企業にはそれぞれ求めている人物像があります。例えば企業のシステムを開発する会社では、プログラミング言語はもちろんのこと、データベース操作、サーバーサイドの設計ができる人を雇用したいと考えている会社もあります。このように様々な知識が就職には求められるので、スクールに一旦通ってから就職をする人も少なくありません。日本には就職支援をしてくれるスクールが数多く存在し、実際に利用すれば利点を得ることができる可能性が高いでしょう。

メリットとして挙げられるのが、エンジニアとして技術を学ぶことができる点です。例えばスクールに通えばどのようにシステムが動いているのか、この業種で働くためにはどのような技術が必要なのかを教えてくれます。また、通信講座とは異なり、もし分からないことがあれば自分から講師に直接聞くことができます。そのため分からない疑問点などを早急に解決することができるので、学習効率を高められるという利点があります。さらに友達と協力をして通うことができるという利点も存在しています。スクールには同じ目標を持った人が通うケースもありますから、同じ目標を持っている人であれば、自分との相性が合い、そこから友達に発展するケースもあります。そのため悩みなどが発生した時も話し合いをしてお互いに解決策を探ったりして協力しながら通学を実現できる場合もあります。



就職支援に力を入れているスクールを選択しよう



基本的にエンジニアのスクールに通う人の多くは、最終的にそこで学んだ知識を活かして就職をしたいと思っている方も珍しくないでしょう。そのため就職支援に特化したスクールを選択したいと思う人もたくさんいます。就職支援に特化しているスクールであれば現場に役立たせることができる知識を教えてもらうことができます。

基本的にITの分野においてはトレンドの変化が早く、従来においてはブログを開設して自分の生活を綴ったりしている人が多かったですが、今ではSNSの登場によって、ブログではなくSNSを利用する方が増えています。このように移り変わりの早さがこの業界の特徴なため、一般的なスクールにおいても現場で役立つ知識を教えることに苦労しているところも少なくありません。何故なら学習課題を定めてしまうとトレンドの移り変わりに授業が対応できなくなる可能性があるからです。例えば2Dのゲーム開発を教えることを決めているところでは、現在ではゲームもVRや3Dが主流なため、時代に遅れないようにそれらの知識も必要になってきます。古い技術で授業展開をしているところを選択すれば、適切に就職支援を受けられない可能性があるでしょう。

場所によっては就職支援を積極的に行い、現場で役立てられるようにトレンドに合わせて、または授業内容を固定しない独自の授業展開をしてくれるところもあるので、そのようなところを選択すれば就職支援を受けて就職ができる可能性があります。



就職支援をしてくれる業者を選択しよう



実際に就職支援をしてくれる業者はたくさんあり、授業や研修もしてくれるところが多いので、どのようなところを選択すればいいのか分からない人も少なくないでしょう。もし、選択に迷っているのであれば、まず受講生の声に耳を傾けてみてはいかがでしょうか。受講生の声とは実際にそこに通う生徒の意見や感想が公開されています。実際に通う人の意見なので信憑性が高く実際に参考して選択している方も多いでしょう。

また、カリキュラムで選択することもできます。カリキュラムはそれぞれの業者で異なるので、自分に合ったカリキュラムを提供してくれるのかを確認をして選択するようにしましょう。

さらに、費用なども確認します。どれぐらいの費用がかかるのかを確認し、比較をしてから選択するようにしましょう。

このように業者を選択する方法はいろいろとありますが、未経験でもいい場合や一定の技術がある人しか入学できない場合もあるので、入学にはどのような条件が設けられているのかも確認しておくといいでしょう。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ