ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > 文系出身でもSEになりたいと考える方のために

文系出身でもSEになりたいと考える方のために




システムエンジニアになりたくて利用する教育機関をお探しの方へ



この先、文系出身者の方で、SEになりたいという場合には、利用する教育機関の選定方法もチェックすべきポイントになります。ITエンジニアの中でもいろいろあり、例えばインフラエンジニアと呼ばれるスタッフを目指す人を対象とした教育サービスを提供している業者も存在するので、チェックしてみることをおすすめします。こちらは、インターネット上のサービスを利用する上でベースとなる、ネットワーク・サーバー・データベース・セキュリティーに関する業務を担当するスタッフです。IT業界において、インフラエンジニアは数が不足していることから、市場でのニーズは高まってきているというのが現状です。

また、エンジニアの担当する作業工程は、「設計」・「構築」・「運用」・「保守」に分類されます。その中でも、「構築」の作業に関するスキルを向上させるべく、指導を行っているスクールもあります。中でも、知識を覚えるだけではなく、実際の作業を体験する中で、楽しみながらスキルを身につけることのできるところは、利用価値が高くなります。具体的な研修内容としては、IT業界におけるインフラストラクチャーの果たす役割やインターネットの仕組みの理解、ネットワークやサーバーの機器を構築する作業の実践、業務の効率化を実現するために役立つプログラミングの基礎的内容の習得などが挙げられます。



通うスクールを選ぶ時のチェック事項について



世の中には、文系出身者などで、ITエンジニアに関連するスキルをまだ有していない人でも、SEなどを目指すことのできるスクールもあるので、チェックしてみると良いでしょう。また、学歴やスキル、年齢などの条件を問わず、学びたいという気持ちさえあれば、だれでも受け入れてくれる教育機関は、幅広いシーンで活用することができます。例えば、未経験者や、他業種の職業現場からの転職者、専門知識を有しながらも実機を触った経験のない人など、さまざまな経歴を持つ人たちを受け入れてきた実績のある教育機関も存在します。このようなスクールを利用すれば、いろいろな年齢層の人たちと交流の機会を持ちながら、研修を受けることもできるでしょう。

次に、実際の仕事現場において、戦力として役立つスキルを身につけるためには、それなりの指導が実践される教育機関を選定することもポイントになります。例えば、ルーターやスイッチ、サーバーのケーブル配線から設定に至るまで、現場で役に立つスキルを習得させるべく、指導を行っているところもあるので、チェックしてみるのがおすすめの方法です。中でも、数多くの実機を用意して生徒を迎え入れ、実際に機器を触りながら進める研修をふんだんに採り入れたカリキュラムが組まれているところは、実践的なスキルを向上させるために役立つことでしょう。また、ネットワーク関連機器の実物に触れることのできる研修は、障害が発生した時の対応能力を高めたいという方にも受講することをおすすめします。



研修の内容にも気を配って良い教育機関を選定する方法



文系出身者などがSEになることを目指すにあたっては、利用するスクールの選び方にも気を配ることが大事です。例えば、研修でありながらも、OJTのスタイルを採用しているところもあるので、チェックしてみると良いでしょう。こちらは、会議室で行うような一般の研修とは一線を画し、すぐそばに先輩のエンジニアがいる環境の中で作業に取り組むというスタイルのものになります。このような研修では、受講中、課題に取り組んでいてつまずいた時でも、その場にいる先輩エンジニアに質問や相談をすることが可能です。また、課題へ取り組むに際して、スタッフから提示されたものをこなすというスタイルではなく、自分でスケジュールを作成し、進捗状況を報告するよう指導してくれるところは、自分なりの工夫を凝らし、自主的に作業を進める大切さを学ぶために役立つことでしょう。

次に、実際の仕事現場では、技術以外にもさまざまなスキルが求められることとなります。そのような状況の中で、実践的なスキルを習得させるために指導を行っているスクールは、利用価値が高いと言えます。例えば、技術を学んで身につけるだけではなく、実際の業務へ取り組むにあたって必要となる自己解決能力を向上するために役立つ教育機関もあるので、チェックしてみることをおすすめします。こちらは、受動的に学習を進めるのではなく、何らかの壁にぶつかった時、自分の力で解決する方法を見つけ出し、実行に移すというスタイルの研修となっています。

そして、ITエンジニアになることを目指すのであれば、自分の適性を正確に見定めることも大切です。ITエンジニアを育成するスクールの中には、研修中の発言や行動、アウトプットをチェックし、講師が一人ひとりの適性について助言してくれるところもあります。

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC