ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > 未経験でインフラエンジニアになろう

未経験でインフラエンジニアになろう

インフラエンジニアのお仕事内容について


エンジニアのお仕事をしたいと考えている人も少なくないでしょう。エンジニアと一言で言ってもさまざまな種類のお仕事があります。例えば、エンジニアの中にはインフラエンジニアがあります。インフラエンジニアとはアプリケーションやシステムなどの基盤を構築するエンジニアのことになります。基盤になるためITを実現するためにはエンジニアは必要になります。実際にインフラエンジニアの中でも業務内容は複数あるので、仕事内容を知っておくとどのような知識や技術が必要なのか知ることができるでしょう。
インフラエンジニアの中にネットワークエンジニアが含まれます。ネットワークエンジニアはネットワークの設定などを行う仕事になります。一般的に現在ではネットワークが構築されていないところは少なく、一般家庭や会社だけでなく公共でもアクセスすることができるように整備されているので、普段からネットワークを使用している方も多いです。ネットワークを実現するためには機器の設置や設定などを行う必要がありますが、これらの業務はネットワークエンジニアが携わることになります。
その他にもサーバーエンジニアが含まれます。サーバーとは特定人が接続できる機器で、社内で運用しているところは少なくありません。サーバーは購入をするだけでなく構築や運用が必要になります。例えば構築ではプログラミングをしてアプリケーションを実現したり、運用はエラーが発生した時にそれに対応します。構築や運用をする時はコマンド操作が一般的で、コマンドの知識や技術が求められます。データベースエンジニアもインフラエンジニアの一つです。データベースエンジニアは主にデータベースを構築したり管理する仕事を担います。データベースは簡単に言えばデータを蓄積しておくための空間になります。
例えば、会員登録をするサイトを運用している企業もいますが、登録をするとそのデータはデータベースに格納されます。データベースはサーバーに搭載されることが多く、構築や管理をする時はSQL言語を使うことになるので、SQLに関する知識が必要になります。クラウドエンジニアも同様にインフラエンジニアの一つです。クラウドという言葉は現在では多くの方が知っています。実際にクラウドストレージを使用してパソコンやスマホ以外の空間にデータを保存している方は珍しくありません。クラウドエンジニアはこれらの機能を実現するためにネットワークや構成し、システムを作成する仕事を担います。現在ではクラウドを採用する企業は多くなっているため、比較的需要が高い仕事の一つです。

インフラエンジニアになることで得られる魅力について


今までサーバーやデータベース構築に携わったことがない未経験の人の中にはインフラエンジニアを目指したい方もいるでしょう。実際に仕事に就くことでさまざまな魅力を得ることができます。
魅力の一つとして挙げられるのが、IT技術を深く学ぶことができる点です。現在ではインターネットが普及しているので、構築をしている時にエラーなどに遭遇した時に検索をすれば解決するための情報を得られることもありますが、高い技術や知識においては探しても見つからないことがあります。
実際に仕事をすることで現場で知識を学ぶことができるので、ネット検索で得られない知識や技術の習得ができる可能性があります。大きなプロジェクトに携わることができる点も魅力の一つです。たくさんの人の生活を豊かにするシステムを構築できる可能性もあるので、仕事から社会に貢献することもできるでしょう。このような魅力はたくさんありますが、未経験からこの仕事に就くためにはどのような方法があるのでしょうか。

未経験の人がインフラエンジニアになるためには


企業の中には教育体制が整っており、未経験の人でも採用しているところがありますが、知識や技術を知らない状態で入社すると現場で付いて行くことができない可能性もあります。そのため、未経験の人の中にはできるだけ知識を身に付けてから入社する人が多いです。現在では知識を身につけるための手段はたくさんあります。
例えば独学をすることです。本屋さんなどではサーバー構築やデータベース操作の本なども扱うところがあります。また、現在ではインターネットでも購入できるので、本から学ぶこともできるでしょう。未経験の人がインフラエンジニアになるための方法の一つにスクールに通うことを挙げることができます。データベース操作やサーバー構築をする時はSQL言語やコマンド操作などをすることになるので、詳しい知識を求められます。そのため、独学では効率的に学ぶことができない人も少なくありません。
スクールに通うことで直接技術や知識を教えてもらうことができるので、効率的に学習を進めることができる可能性があります。また、未経験の人でも入学できるスクールもあるので、未経験者でもスクールで学んでインフラエンジニアになることができる可能性があります。

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC