無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

未経験でIT業界での活躍を目指す皆さんへ

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > 未経験でIT業界での活躍を目指す皆さんへ

未経験でIT業界での活躍を目指す皆さんへ


広く門戸を開くIT業界



特に機械関係に苦手意識をお持ちの方々からすれば、IT業界に携わる全ての人達は卓越した専門知識を有するエキスパート揃いであり、自分達とは一線を画す異次元の人達といったイメージが決して大袈裟でなく、潜在的に拭えないかもしれません。自身のパソコンやスマホの使い回しにも時折窮する状況下、トラブルをサクサクと解決するのみならず新たなデータを構築するなど、魔法あるいは神業と映るのも十分理解出来ます。

ですが理論的に紐解けば、今日あらゆるジャンルの第一線で自らの卓越した知識と技術で活躍中の方々も、最初は誰もが初心者であり未経験者でした。時代のニーズに見事にジャストフィットし、それまでの他のジャンルとは比較できない程の急速普及から急成長を見せた歩み、そしてコンピュータなる精密機械のスペシャリストという印象が業界関係者に対する先述のイメージを大きくしていると推察されます。

何より着目すべき事実として、多くのエンドユーザーのニーズに的確に応える人材は慢性的に不足状態が続いている点が見過ごせません。これだけの注目と人気を博する業界ゆえ、常に同ジャンルへのチャレンジは狭き門的な印象が先行しがちですが、日々物凄い速度で進化を続けるがゆえの状況であり、各方面に幅広く門戸が開かれています。

敢えてこれから同業界へのチャレンジをお考えの皆様であれば、今からご自身が何をどのような順番で為すべきなのか、どのような選択肢が存在しているのかなど、ぜひ早い段階で正しくご確認いただきたいポイントが少なくありません。チャレンジに際しては、まずはそれらを冷静に理解し、ご自身の現在から近未来へのビジョンを明確に見定めてください。



未経験者の挑戦に関して



IT業界の最前線でエンジニア、その他のスペシャリストとして活躍中の方々と耳にすれば、子供の頃から機械に精通し、専門学校で学ぶだけでなく趣味の分野でも常にパソコンと対峙を続けてきた、あくまで特別な人種とのイメージを抱かれる傾向が否めません。確かに今日のパソコンの普及は、私達エンドユーザーにとってそれまで無縁だったコンピュータなる精密機械との距離感を一気に縮め、今日では身近な家電製品の1つに位置付けるに至っています。

こうした生活環境の変化が、結果私達のパソコン関連技術と知識を無意識の内に大幅にアップさせている事実に関しては、多くの方々が意識されていないかと思われます。昭和の時代には、特殊技能と重宝されたタイピング技術を、私達は日常生活の中で既に習得していますし、日々幾度もパニック手前に陥っていたパソコンのトラブルに対しても、難なく自力対応出来るスキルを修得しています。

それでもこれらエンドユーザーレベルの向こう側には、やはりプロフェッショナルでなければ責任対処が叶わぬ事案が数えきれません。専門家のお膳立てプラス有事の的確なフォローあればこそ、今日の便利なパソコン生活が公私双方の分野で整っているのです。未経験者だからこその中途半端な予備知識を一旦リセットせずして、最先端の技術と関連知識の習得が叶うメリットも見過ごせず、未経験を負のハンデと捉える必要はありません。大切なのはご自身がプロファッションとして確実に歩み出すまでの過程であり、こうした方々を対象に同業界への門戸を広く開く専門企業の活動に注目が集まっています。



新たなるチャレンジに繋がる扉を開く



現在から未来に向けても、間違いなく新たな人材の確保の継続が欠かせないと判断されるIT業界内では、現在第一線で活躍中の現役技術者が自身をより高く評価してくれる仕事先を渡り歩く、旧来の終身雇用を良しとする概念とは真逆の実力主義の尺度が基本となっています。この雇用に関する価値観は結果、同業界関連で働く人達の報酬面の高騰に繋がる一方、業界全体の閉塞感を加速させてしまう余波を生んでいるのもまた事実です。

全ての分野に共通する必要不可欠な作業として、新しい風すなわち新たな人材の育成が欠かせません。ですが、同業界では現在同分野で関わりを持つ人達が個人の希望に基づき職場を移り続ける一方、他業種からの転職者すなわち一定の社会人経験を有する未経験者に対しては、殆ど門戸が開かれていない状況が続いていました。専門知識に関しては専門学校で学ぶ現役学生に及ばずとも、実社会での経験値という点では若い世代よりも確実に即戦力であり、特に顧客とのコミュニケーションを必要とする分野に於いては、こうした転職組と称される人材が慢性的に不足している点が見過ごせません。

中長期的な視点から同業界の未来と、従事する人達が将来への期待値を考える時、全ての志望者が十分な研修を受けられる環境を整え、その上で就職先を積極的に斡旋あるいは準備する作業こそが、今同業界に求めらえるアクションである事は明白です。未経験者である皆さんこそが、実は最も求められている人材であるとの判断は、決して根拠無き過信ではありません。誤った消極的な思い込みから、早々の断念に至ってはなりません。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ