無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

未経験の人がエンジニアになるために

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > 未経験の人がエンジニアになるために

未経験の人がエンジニアになるために



未経験がエンジニアになるためには何を勉強すればいいのか



これまでエンジニアとして働いたことがない未経験の人がIT系企業に就職するケースは珍しくありません。実際に目指している人の中にはどのような学習をすればいいのかわからない人も少なくないでしょう。基本的にエンジニアにおいては様々なスキルが求められる職業です。

例えばシステムに携わる仕事をする時は、そのシステムを利用する顧客が操作できなければならないですから、簡単に操作ができるようにボタンやウィンドウなどを設置します。そのため、ボタンやテキストボックスの配置などデザインに関する知識が必要なケースもあります。また、何か顧客がアクションをしたら処理を実行させなければなりません。例えばボタンをクリックしたらデータベースへの問い合わせをして知りたい情報のデータを取得したり、登録をしたりする処理などが挙げられます。データベース操作には専用の文句があるので、それを覚えたり、データベースにお問い合わせしたりする前にサーバーに接続する処理が必要です。この時にはプログラミング言語を使用して処理を実行させます。

プログラミングの勉強について、現在では授業などにも徐々に取り入れ始められていますが、現在求職中の方や未経験でエンジニアを目指している人の中には義務教育を通じて学習する機会がありませんでした。そのため、プログラミング言語をこれまで見たことがないという方も珍しくないでしょう。しかし、多くのエンジニアの現場では求められるスキルの一つです。また、それぞれの顧客のニーズに合わせて選択する言語も異なります。普及している言語だけでも複数存在し、既に第一線で働いている人の中にはそれぞれの言語の特長と顧客のニーズをマッチングさせて最適なものを選択し設計をしている人もいます。

一つの言語ではなく複数の言語を習得しなければなりませんから、学習ハードルが高いと思う未経験の人も少なくありません。エンジニアという職業はパソコンの前でキーボードを叩いているシーンを想像する人もいますが、実際に顧客との相談に乗ったり、営業的な仕事もしたりする人もいるので、就業場所によってはコミュニケーション能力などを求められるケースもあります。このように現場で活躍できるようになるためには様々なことを学習する必要もあるので、効率的に学習ができる環境を構築したいと考える人もいるでしょう。



学習環境を構築しよう



これまでIT企業に就職したことがない未経験の人の中には学習環境を構築するために教育研修を受ける人も少なくありません。教育研修とはエンジニアを目指す人で知識を習得したい人に教育サポートをするサービスです。日本には通信で学習をしたり、独学をしたりして知識を高める人も確かに存在しています。独学で学習をする時は書店で専門書を購入して自宅に持ち帰る空き時間を活用して読むなど、メモを残して頭に叩き込みます。

通信においても独学と同様に自宅などで学習するケースが多いです。独学との違いは教材を準備してくれることです。教材選びの必要性がないので、未経験者の方でもスムーズに学習を進められる可能性があります。黙々と勉強をすることが好きな方であれば独学でも通信でもスキルアップのために活用することができますが、習得するまで学習に耐えることができないと思う人も未経験者の中にはいます。

例えばモチベーションを維持して学習をすることができなれば最後まで知識を学ぶことができず、途中で挫折をしてしまう方も少なくないでしょう。教育研修を利用すれば直接現場の第一線で活躍する人が教えてくれます。直接指導を受ければ参考書を片手に一人で学習をするのではなく、先生が教えてくれる研修の内容を聞いて学ぶこともできるので、学習しやすい環境を構築することができると思われる人もいるのではないでしょうか。もし未経験者で学習環境構築の仕方がわからない人は教育研修を利用してみてはいかがでしょうか。



教育研修の選び方について知ろう



教育研修の選び方のコツは役立てられる情報だけを習得できるかどうかです。一昔前の技術は今の最先端の現場で使われてないことが多く、未経験でエンジニアを目指している人が一昔前の技術ばかり学習していると学習効率が低下します。

まず、教育研修を選ぶ時はどのような授業が展開されているのか、さらになぜ最新の技術だけを教えることができるのかをホームページなどで情報収集してみてはいかがでしょうか。ケーブルの配線ルートの計画や設定など、基礎的な技術から教わることもできます。ネットワークエンジニアでもケーブルの配線を計画したり変更したりすることはあるので、配線方法を知っているのと知っていないのとでは、対応をする時の効率の良さに違いが出てきます。

教育研修の中には現場対応まで教えてくれるところがあるので、現場で役に立つエンジニアを目指したい未経験者は基礎的なことから応用技術まできちんと習得できる可能性があります。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ