ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > 未経験の第二新卒者がSEとして転職するには

未経験の第二新卒者がSEとして転職するには


新卒で入社した会社をすぐに辞めて第二新卒としての転職



学校を卒業して初めて就職する時は、まだ社会人としての経験も乏しいために、自分や企業のことなどが良く分からずに、適切な会社を選ぶのが難しい状況です。そのため、入社してから自分には合ってないと感じたり、他の会社でやり直したいと思う人も少なくありません。以前は新卒で入社してすぐに退職することがマイナス要因となることがほとんどでしたが、今では働き方も多様化してしいますし、第二新卒という言葉も普及してきたために、転職しやすい環境が整っています。

一般的には第二新卒とは、学校を卒業して入社した会社を1年から3年程度で退職して、別の会社に転職する人を指す言葉です。社会人の経験が1年から3年程度では実務経験が十分あるとはなりませんが、学校を卒業して就職する新卒者よりも一般的な社会常識が身に付いていて、実務に関する基礎的な知識やスキルもあることから、多くの企業が積極的に採用する傾向があります。

安易に新卒で就職した企業を辞めて転職するのは良いことではありませんが、どうしても転職したいという事情などがあるのでしたら、心身や日常生活に問題が発生する前に転職することも検討しなくてはなりません。ただ我慢だけをして貴重な時間を無駄にするよりは、第二の新卒者としての条件を満たしている期間に、転職活動することも無意味ではないでしょう。

しかし、あまり実務経験が期待されない第二の新卒者であっても、学校を卒業したばかりの新卒者よりは、業務知識やスキルなどを要求されることに注意しなくてはなりません。特にSEに募集する場合などは、ある程度の能力がないと採用されないこともあるので、気を付けなくてはなりません。



スクールに通ってSEなどの実力を身に付ける



新卒として就職した企業でIT関連の仕事に関与していたのであれば、第二新卒者として転職する際も実務経験が評価されますが、未経験者の第二新卒者として応募する場合は、企業によっては採用が難しくなる可能性も出てきます。たとえ自宅などでプログラムを学んで、ある程度のソフトウェアが作成できる能力を身に付けていても、実際に会社の仕事としてIT関連の仕事をしたことがなければ、未経験者と判断されてしまうので注意が必要です。

では、どのようにすれば未経験者の第二の新卒者であっても、転職する際に有利な状況になるかと言えば、IT関連のエンジニア用研修を受けられるスクールに通うのが一番です。ITエンジニアのための研修を専門に行うスクールであれば、実践的で仕事に役立つ内容を教えてくれます。独学でIT関連のスキルを習得することも不可能ではありませんが、一人で勉強するだけに途中で挫折しやすいですし、転職の際に評価されにくいのが問題です。

しかし、ITエンジニア用研修を行うスクールであれば、研修内容が管理された環境でしっかりと学ぶことができますし、採用する企業もそれなりの評価をしてくれます。もちろん、IT関連の研修をするスクールでも、費用や内容に大きな差がありますので、転職を有利にするためには適切なスクールを選ばなくてはなりません。ホームページなどを見て通うのを決めるのではなく、実際にスクールを見学に行ったりスタッフの話を聞いたりなどして、通う価値があることを確認することが大切です。



SEの仕事の内容を知ることも大切



このようにSEなどのIT関連の実務経験がない第二新卒者でも、ITエンジニア用研修を行うスクールを利用すれば転職活動が有利になりますが、スクールに通うメリットは他にもあります。SEなどのIT関連の仕事に詳しくない人は、実際に仕事内容が良く分からないために、本当に自分に合った仕事を選べないという問題を抱えています。

しかし、ITエンジニア研修のスクールには、実際の現場を良く知っているスタッフもいるので、具体的な仕事内容を教えてくれたり、どのような仕事が向いているのかなどをアドバイスしてもらえる機会も存在します。

インターネットを検索すれば、仕事や会社の裏情報まで見つけることもできますが、やはり責任のある立場にある人のアドバイスを聞かないと本当のことは分かりません。転職活動における企業の採用担当者は、採用か不採用かを判断するための対応が中心となりますので、本当にためになるアドバイスなどは期待でないでしょう。そのため、転職活動だけをしていると、努力しているにもかかわらず成果が出なかったり、転職できても職務内容が合っていなかったりなどの状況に陥る可能性があることに注意して下さい。

最初の会社に勤務しながら、次に会社を見つけて転職するのが理想ですが、確実を期すためにスクールに通って実力を身に付けるとともに、仕事に関する情報などを入手することも無意味ではありません。就職は人生でも大きな比率を占めるものなので、焦らずにじっくりと取り組んで、自分に適した仕事と会社を見つけるようにしましょう。

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC