ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > 社員に対してIT研修を行わせるメリットを把握する

社員に対してIT研修を行わせるメリットを把握する


外部の研修会社に依頼する



企業で採用する新入社員や未経験の社員が、円滑に経営活動に参加するため研修制度を設けているケースは少なくありません。自社で研修を提供していくのは、コストなどを考慮すると難しいと考えてしまうことも多々ありますが、人材育成や研修に関する実務を行わなければ、経営活動で生み出す利益を減らしてしまう恐れがあります。そんな中で大切となってくるのがIT研修で、これを受けると必要最低限のIT関連のスキルを手に入れられるというメリットがあります。

しかし研修を計画していく際には立案をしなければなりませんが、時間を捻出できないこともあります。そのような時には外部委託をすることによって、円滑にIT研修を行えるようになります。選ぶ際には色々なポイントがあるので、整理しながら判断していく必要があるでしょう。最初に研修会社が持っている特性を理解しなければなりませんが、これは研修に利用する一連のプログラムを提供していることもあるので、実際に確認をしながら依頼をするとよいでしょう。

また、人材育成を徹底している研修会社も多いものですが、大手と中小によって違いがあります。大手では研修に関するコンテンツやメニューを多く提供していますが、他にもコンサルティング業務やテキストなどの提供も行っています。研修ルームなどを提供していることもあり、設備が整った状態で研修を行えるメリットがあります。中小の研修会社では、コンテンツに対して集中していることが多くなっています。業界でも人気の高い講師をセッティングしてくれることもありますので、少しでも社員をITに特化させたい時には向いています。研修にかかるコストも比較しながら判断していき、本当に理想的なIT研修ができるかどうかで判断していくといいでしょう。



新入社員に実施するメリット



研修会社をある程度決めたところで、内容が充実したIT研修に取り組んでいかなければなりません。特に新入の社員研修では必要不可欠といえる内容になるので、時間をかけて理解してもらえるように配慮していくことが重要です。ビジネス関連のスキルとして、名刺の渡し方であったり、電話などによる商談のアポイントをどのようにして取っていくか学ばせることも重要です。またタイムマネジメントなどの知識もつけなければなりませんが、新入の社員研修においてIT関連の企業以外で、近年IT研修を行っている企業も増えています。

その理由は、IT関連のスキルが日常生活だけでなく業務でも浸透してくるようになったためです。SNSなどの登場によって、社員でも情報を発信する力が求められることが多くなってきており、セキュリティ面やプライバシー面などにおける知識を持っていることは必要不可欠となっています。社会人としての基礎知識の一つともなってきているので、仕事に取り組んでいく姿勢を伝える方法として研修制度を設けているケースが多くなっています。新入社員を意識改革させることにも繋げられるので、姿勢や心構えをしっかりと身に付けられるように研修を進める必要があります。

そして業務の効率化であったり、新たなビジネスにおけるアイデアに関して具現化させることもできます。パソコンを利用して資料を作成したり、レポートなどを作成したりしてプレゼンテーションを行った経験のある新入社員も非常に多いものです。そこで十分にビジネスで活用できるIT関連のスキルを持っていれば、社内システムなどにトラブルが発生した時にも対応できるようになります。持っていなくてもIT研修を通じて、安心して対応できるスキルを身につけられるメリットもあります。



専門知識をつけられる



インターネットなどの普及によって、情報関連のセキュリティーに関する研修を行うことが増えています。しかし今後は大きなデータを取り扱っていったり、プログラミングに関する研修が増えていくこともあります。ニーズの高まりが要因となっており、専門的な知識を希望する企業も少なくありません。例えばマネジメント関連では、将来的に自分の会社でインターネットを利用してホームページなどを開設したり、商品を販売するECサイトやオウンドメディアなどを経営するケースもあります。

そこでニーズが高くなっているのがプログラミング言語で、社員だけでなくユーザーも利用しやすい環境を作っていくことが重要となります。業務全体における内容を理解しながら、実際の業務で生かすことができるスキルも一緒に身に付けていくことによって、即戦力として仕事を行ってもらえるようになります。またビックデータを取り扱うと、情報漏えいなどに気をつけなければなりません。そこでもビジネスや統計の分析方法などと一緒に、IT研修を通じて学ばせることができます。

エンジニア関連でもシステム開発を行ったり、ホームページなどの構築などに対応することになります。エンジニアとして専門的なスキルや知識を定着させなければなりませんが、新人の育成などを検討していく時には、エンジニアに特化したIT研修を進めていくとよいでしょう。メリットとしてシステム開発であったり、セキュリティ対策やネットワーク関連の知識などを付けていくことができるので、ITに広く携わっていけるようになります。

未経験からのエンジニア専門スクールならITTC

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC