無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

ITの世界を構築するエンジニアの種類

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > ITの世界を構築するエンジニアの種類

ITの世界を構築するエンジニアの種類


ITを技術で支える



ITの世界では、さまざまなエンジニアが活躍しています。その種類もいろいろとありますが、どれも欠かすことができない技術を持っているといえるでしょう。それぞれの役割は独特で、すべてに通じることは難しいともいえます。専門性の高さということがかかわってきますので、将来ITエンジニアを目指したいというのであれば、どんな人々で構成されているのかを知らなければいけません。実際に多くの種類がありますが、ITエンジニアという呼び方は、総称でしかありません。それぞれの仕事は関連性はありますが、全く異なる部分を持っているということは、忘れてはいけないポイントです。

システムの全体を設計し把握することによって、テストまで行うのがシステムエンジニアです。業務の範囲が広いのも特徴ですが、ありとあらゆる部分で設計をおこなっていきます。コンピューターを使ってシステムを作るとするのであれば、どのようなシステムを作るべきか、業務分析をおこない、そのためのネットワークを考えます。データベースを管理する方法を考え、プログラミング言語を決定し、開発方法を決めていくことになるでしょう。その後、テストなどもおこない、完成させるまで面倒を見ることになります。ジェネラリストといわれることもありますが、広くいろいろな分野にわたっての知識が必要とされるでしょう。

その中でも特に重要となるのは、設計をするということです。細かな指示書を作成することにより、各作業のぶれをなくしていきます。プログラマーは、この指示書を基に作成を進めていくことになるのですから、能力如何によって、すべてに影響が出るといえるでしょう。



全体を作り上げていく人たち



エンジニアの中でも、実働部隊となるのがプログラマーです。設計に基づき、プログラミングを進めていくことになりますが、製品を作る大事な役割を持っているといえるでしょう。実際の製品を製造することになるのですから、責任も重い立場になります。システムの設計図を理解することが必要であり、問題点も見つけられるだけの能力が必要です。単一のプログラム言語だけではなく、幅広い知識を有することが求められます。その中でも、得意とするものを作るのも、スペシャリストとして考える上で必要といえるでしょう。

システムをつなぐためのネットワークを構築するのが、ネットワークエンジニアです。設計もおこなうことになりますが、専門性の高い分野を受け持つことになります。現在のシステムは、スタンドアロンになることは珍しいため、システムを構築するためには欠かせない立場にあるといえるでしょう。専門性の高さから、兼業することはまずなく、堅実な仕事をこなしていかなければいけません。保守に関しても、彼らの仕事となります。

システムの要となるのが、データベースですが、こちらはデータベースエンジニアが付き運用することになるでしょう。設計をおこなうだけではなく、運用や保守もおこなうことになるからです。こちらも、言語体系を含め、専門性の高い分野といえるでしょう。



特化しているWebからセキュリティーまで



ITエンジニアの中でも、Webという部門に特化しているのが、Webエンジニアです。非常に広い部門を受け持つことになり、細かに分かれていくことになります。システムとして捉えると特化していきますが、アプリケーションからネットワーク、セキュリティーに至るまで対応することになるからです。あらゆる分野で必要となる技術である反面、デザインや色彩などの能力も問われるため、ITという枠組みを超えることも出てきます。もっともアナログに近い部分も持っているといえるでしょう。アプリケーションということで行くと、非常に華やかな分野ともいわれます。

エンデベッドエンジニアは、組込みシステムの専門家です。システムエンジニアに近い性格を持っていますが、組込みシステムに特化している部分を持っており、別の仕事と捉えることもあるからです。

特化ということでは、ネットワークに対するサーバーエンジニアも重要でしょう。通信ということでは、サーバー機器の設計や構築、保守運用ということは欠かせないことです。障害発生に対して、迅速に対応するなど技術者としても高いレベルが求められるといえるでしょう。

少し特殊な位置にいるのが、セキュリティーエンジニアです。情報セキュリティーに特化しているのは、それだけ情報を取り扱うことになるためであり、これを安全に活用するためには欠かせない立場といえます。改善だけではなく、予測ということも重要であり、発生させないということも大事な仕事となるでしょう。人間関係などのコミュニケーションもその範囲に入るため、特殊性を持っているともいえるでしょう。

エンジニアには、数多くの種類があります。それぞれが自分の役割をしっかりと把握し、力を発揮するからこそ成り立つのだということがわかるでしょう。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ