ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > ITエンジニアになるための方法とは?

ITエンジニアになるための方法とは?



これからも期待できるIT業界



人手不足と言われ就職先を探すのに困らない状況と感じる方は少なくありませんが、今の業績が優良であっても将来的に成長が見込める就職先を簡単に見つけ出すことは難しいです。歴史ある大手企業でも、突然業績不振のニュースが流れて、事業内容の見直しや人員の整理が行われることもあります。そのため、就職する際には、給与や勤務日数などの現在の待遇だけを調べて決めるのではなく、継続して成長して行けるだけでの実力を持った企業であることも、確認しなくてはなりません。

現在、長期的な成長をしていくことが容易ではない業界が多い中で、将来有望とされる数少ない業種の一つがIT業界です。インターネットやパソコンなどは、企業だけではなく一般生活にも不可欠のものとなっていますし、さらに日進月歩の勢いで関連する新商品やサービスが次々と登場しています。ITに関連する企業などに就職すれば、長期的に安定した生活が期待できるだけではなく、最先端の技術に触れられてエンジニアとしてのスキルと実績を蓄積することが可能です。就職は個人の一生に大きな影響を与える問題でもあるため、業界の動向や経済事情などだけで就職先は決められませんが、選択肢の一つとして検討する価値はあります。

また、IT関連企業だけではなく、製造業やサービス業など直接ITと関係ないように思える企業でも、社内向けのシステムを開発する要員や自社の商品に組み込むソフトウェアを設計するスタッフを募集していることも多いので、ITエンジニアとして働ける職場は豊富にあります。IT関連のエンジニアとしての実績があれば、社内でも重宝されますし転職する際にも大いに有利になるでしょう。



未経験者がITエンジニアになるには?



しかし、エンジニア職に就くためには、入社前からある程度のスキルや知識が、要求されることがほとんどです。新卒者の場合は、実務経験は求められませんが、理工系の出身であることが条件であることが少なくありません。IT関連の職場は忙しく、できるだけ早く戦力となってくれる人材が欲しいので、どうしてもこのような傾向が強くなってしまいます。

では、実務経験や学歴が条件を満たしていないと、エンジニアになれないかというと、そんなことはありません。求人に応募する前に段階で、エンジニアとなるための研修を受けておけば、企業側も採用について前向きに考えてくれます。研修やスクールに通う時は、自分のレベルに合った場所を選ぶことが大切です。無理に高度な内容を教えてくれる所に通っても、内容が理解できずに時間が無駄になるだけではなく、IT関連の技術に対して苦手意識を持ってしまい、スキルや知識を身に付けるのに遠回りしてしまいます。

まず、自分のIT関連についての実力を客観的に把握して、無理なく理解できる内容の研修を受けるようにしましょう。比較的簡単な内容を扱う研修を利用しても、その後努力次第で実力を伸ばすこともできますし、基礎的なスキルを身に付けていれば、評価してくれる企業はたくさんあります。初心者・未経験者・学生・社会人など、どのような人でも受け入れてくれる研修などがありますから、エンジニアになりたい人は、研修できる場所を探してみましょう。



専門分野を決めよう



エンジニアとしてのスキルを高めるためには、ネットワーク・データベース・サーバー・セキュリティ・プログラムなど、どの分野を専門にするのかも決めておかなくてはなりません。専門とする分野がないと、中途半端な技術しか身に付けることができずに、採用選考でも良い評価されなくなってしまいます。どの分野を選べば良いのか分からない時は、インターネットや書籍などを使って、具体的なエンジニアの仕事内容などを、調べてみると良いです。興味を惹かれる分野や仕事があったらより詳しく調べて、これからの専門分野にするかを決めましょう。給料が高い、就職先がたくさんあるという理由で、研修を受ける分野を決めても良いのですが、あまり興味を持てない分野を選んでしまうと、勉強するのが苦痛になってしまうので注意が必要です。

IT関連の技術の変化は速いので、勉強を怠っていると直ぐに取り残されてしまいます。IT関連の勉強はエンジニアとして仕事する以上は、ずっと継続して行くことになりますから、つまらないと感じる分野では、仕事も長続きしなくなってしまいます。最初は、興味を感じる分野をいくつかピックアップして、給与などの待遇面を比較して、最も魅力的に感じられる分野を選ぶと良いです。IT関連の技術に対する評価や需要は、数年で変化することも珍しくありませんし、特定の分野で高度な能力を身に付ければ、一般的な評価とは無関係に多額の給与を貰える可能性があります。現在の評価や需要だけで、エンジニアとしての専門分野を選ばずに、自分に適性や好みなども考慮して、将来の方針を決めるのが重要です。後悔しないように、じっくりと腰を据えて進路を決めましょう。

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC