無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

IT業界への就職伸び率をアップさせる方法とは

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > IT業界への就職伸び率をアップさせる方法とは

IT業界への就職伸び率をアップさせる方法とは



伸び代の大きいIT業界



ここ数年で大きな伸びを見せているIT業界は、今後も需要が増え成長が期待される分野で、他の業界に比べても伸び率が高いのが特徴です。年齢に関係なく活躍できるという点においては、若者にとって有利な業界でもあり、知識や技術が生かしやすく無駄になるということがありません。起業したばかりのベンチャー企業でも業績の伸び率が大きいため結果を出しやすかったり、大手企業が新しくIT事業を開始したりと、マーケット層も広がっています。

最近では小学生のうちからパソコンを習い始めたり、高校や大学でプログラミングの授業があったりと、就職する前からパソコンやプログラミングなどに触れやすい環境が整っています。IT業界以外でも通常の業務でパソコンを使うことは当たり前になりつつあるので、最低限のパソコンスキルは必須でしょう。誰もがパソコンを使える時代だからこそ、基礎はもちろん応用的な技術などの高いスキルを持っていれば、専門的な業務を行えるので有利になるのです。

ベンチャー企業の場合、もともと別の会社でIT関連業務を行っていた人が独立しているケースが多いため、新入社員への研修は自社内でも十分可能です。一方新たにIT部門を作った企業の場合、社内に指導できる人員がいないということもあります。特に年配の社員の場合は、通常のパソコン操作であっても十分ではないという人も多いため、本来教える立場にある人ほど知識がないということもあります。

自社で十分な研修を行える環境が整っていない場合、研修環境を作るよりも外部に研修を委託してしまう方が良いこともあります。研修を専門にしている会社であれば、指導のレベルも高く日々進歩する情報技術にも対応しているので、社員により高いスキルを身に付けさせることも可能です。


就職や転職で役立つスキル



IT企業やパソコンを使った業務が多い企業では、新入社員に対して業務に必要なスキルを身に付けるための研修が行われることがほとんどです。もともと大学などで勉強をしている人であっても、それぞれの学校や個人によってレベルはまちまちなので、同じように研修を行うのが普通です。社内でOJTを行ったり、社外の研修機関に任せたりは企業によって違いますが、同じ内容の研修を行うことで、社員のレベルを一定に保つことができます。

一方IT業界間での転職など、もともと知識や経験がある人の場合は研修が必要ないこともあります。企業にとっては即戦力になり研修の手間や費用がかからなくなるため、他業界の人より御経験者が優先的に採用される傾向にあります。そのため他業界からIT業界に転職したい場合、経験者に劣らないスキルがあれば就職に有利になります。新卒の場合でも、きちんとした研修を受けているということが企業側から見てわかる場合であれば有利になります。採用後の社外OJTにも使われている機関の研修は自分のスキルが上がるだけでなく、企業側から見てもあらためて研修を行う必要がないためメリットがあるため、採用率が高くなることが考えられます。実際研修機関の調査で、研修後の就職などの伸び率が高いことがわかっています。

自分で受講すると受講費がかかるという理由で、入社後の研修まで特に何もしないという人もいますが、中には全く受講費がかからない研修もあります。無料だからといって有料の研修よりもレベルが低いというようなことはなく、十分な知識やスキルを身に付けることができます。



知識は会社と社員両方の財産



どんな業界でも専門の知識や技術は必要ですが、IT業界では特にその傾向が強いようです。ITとは、日本語で言うと情報技術ということですので、情報や技術など形のないものを売りにしていることになります。IT自体がまだ新しい分野のため、日々新しい技術や利用法が生まれています。また技術はその企業だけのものではなく、誰でも使用することができるものがほとんどです。IT企業はどんどん増えているので、他の会社との競争に勝ち残るためには常に新しい知識や技術を取り入れていく必要があります。

ITの世界では、一度勉強すれば終わりということはありません。そのため入社時に研修を受けても数年後にはまた、研修を受けるということを繰り返していくことが理想です。しかし実際には、入社時以外の研修は行わずに、社員が各自勉強するというスタイルをとっている企業がほとんどです。教える立場にある人が最新の知識を持っていなければ、社内にも広がっていきません。会社のレベルを高く保つためには、多少の費用や時間がかかっても定期的な研修を行うことは大切です。

社外OJTを専門に行っている企業では、常に新しい知識を持った社員が指導にあたっています。全員に研修を受けさせる余裕がなくても、数人ずつローテーションで研修を受けて社内で知識を共有するという方法もあります。社内だけでは取り入れられなかった知識や技術が手に入るのは、会社にとっても社員それぞれにとっても大きな財産になります。就業中でも通える、週に数回のカリキュラムなどもあるので、積極的に受講できる環境を作り社員のレベルアップを図りましょう。

無料のITエンジニアスクールはITTC

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー

全てお読み頂きありがとうございます。
あなたの可能性をITトレーニングセンターで見つけませんか?

問い合せ

受講のお申込み、お問合せは下記フォームからお願いします。
担当よりご連絡します。
の入力は必須です。

受講・お問い合わせ