ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > IT研修を無料で受けよう

IT研修を無料で受けよう


IT研修を無料で受けよう



IT技術には様々な技術が使われています。また、この技術は発達しており、今後も需要が多く見込めると考える方が多くなっています。そのため、現在の職業から転職をしてIT企業に勤めようと思われている方もいるでしょう。実際にIT企業の勤めるためには数多くの知識や経験などが求められるケースが多いです。しかし、今までIT技術に関して触れる機会がなかったという方の中にも転職を検討している方がいるのではないでしょうか。

現在では徐々にIT技術の教育を取り入れている中学校などもありますが、それほど多くはありません。また、基本的にIT技術に関する試験が行われるケースは少ないです。高校受験や大学受験においてもIT技術に関する問題が出題されることは極めて少ないのが現状です。このように義務教育課程で教えられていない方も多いため、IT技術に触れる機会が少なく、今までプログラミング言語やマークアップ言語を書いたことがないという方も当然多いでしょう。耳にすることはあってもその意味をきちんと理解できていない方が多いのも今の現状です。

もしそのような未経験の方がIT企業に就職するためには、予め知識を身に着けなければなりません。通信教育や専門学校に進学することもできますが、実際に多くの費用がかかってしまうので敬遠してしまう方も多くいるでしょう。そこで、もしなるべく安くIT技術の習得を行いたいと思われる方は、IT研修を受講してみてはいかがでしょうか。IT研修の中には受講料無料で参加できるところもあるため、無料で受講できることにメリットを感じる方も少なくないでしょう。無料で提供してくれることによって転職者だけでなく、アルバイトをしているけれど将来を見据えて就職を検討している方なども参加しやすいのではないでしょうか。また、交通費なども一定の額までIT研修を行ってくれる会社が負担してくれます。これによって現在無職でお金に余裕がない方でも受けやすくなっています。

無料なのは理解できたが、IT技術に関して精通しており優秀な人材しか受けられないのでは?と思われている方もいるでしょう。基本的に未経験の方でも受けられます。研修を受ける期間はそれぞれの業者で異なりますが、一ヶ月間でIT技術に関する知識を多く習得できるところもあります。そのため、少ない期間で知識を習得してIT企業に就職された方も少なくありません。一ヶ月の研修で現場で活躍できるようになるのだろうかと思われる方もいるでしょう。そのような方のために入社後においても研修を行いサポートをしてくれるところがあります。そのようなIT研修を受講すれば就職後も安心して研修を受けられます。

基本的に多くのIT研修においては毎回オリジナルの内容が提供されます。研修内容を完全に決めてしまうと、現在では現場で使われていない知識などを習得させてしまう可能性があるからです。IT技術においてはそれぞれの製品の開発によってはプログラミング言語を変更しなければならないケースも存在しますから、実際には幅広い知識が必要です。また、トレンドの移り変わりも早いためオリジナルの研修内容を採用しているところが多くなっています。この機会に無料のIT研修を受けてIT企業への面接に備えてみてはいかがでしょうか。



ITエンジニアに向いている人



エンジニアに向いているというのはどのような方なのでしょうか。例えばITに興味がある方が向いています。日頃からゲームをしており、このゲームはどのように作られているのか気になったりした経験がある方はITに興味があると言ってもいいでしょう。

また、向上心や、やる気がある方は向いています。やる気がない方は基本的に知識の習得などに時間がかかりますが、やる気のある方は積極的に知識や技術を習得して自分のものにしようとする方が多いため、エンジニアだけでなく、その他のどんな職業にも共通して言えます。IT企業に限らず日本の社会においては遅刻をすると多くの方に迷惑をかけてしまいます。場合によってはクライアントなどを待たせてしまう可能性もあります。そのため、遅刻をしないという方もエンジニアに向いています。これは一般常識です。



エンジニア別のお仕事



エンジニアと一言で言ってもそれぞれの分野によって業務内容が変わります。例えばネットワークエンジニアは主にネットワークに関するお仕事に携わります。インターネット通信や回線設備、アンテナなどの設置も行います。自宅で光回線を敷く時に工事を行いますが、工事の担当者の中にはネットワークエンジニアがいるところもあります。
ネットワークエンジニアの詳しい仕事内容とスキルはこちら

その他にもデータベースエンジニアです。主にデータベースエンジニアはデータベース設計や構築なども行い、効率的にデータ取得、データ出力が行えるようにする仕事です。
データベースエンジニアの詳しい仕事内容とスキルはこちら

最後はプログラマーです。ウェブ開発を行う方やスマホアプリ開発などプログラマーと一言で言っても様々なお仕事が存在します。
プログラマーの詳しい仕事内容とスキルはこちら

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC