ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > SEになりたい未経験者の方はこちらをチェック

SEになりたい未経験者の方はこちらをチェック




システムエンジニアになることを目指す未経験者の方におすすめの情報



この先、未経験の状態からスキルを高めてSEになりたいと考えている方もいるかもしれません。そのような場面では、利用する教育機関の選び方もチェックポイントになります。一般的に、SEになることを目的としてエンジニアスクールへ通うためには、それなりの費用を負担する必要があります。しかし、中には正社員としての雇用を視野に入れた教育サービスを提供し、受講料や教材の購入代金はもちろんのこと、交通費までも支給してくれるスクールもあるため、チェックしてみることをおすすめします。

このようなスクールでは、研修期間が終了した後、お互いの条件がマッチすればそのまま運営元の企業に入社することが可能となります。そのため、研修が終わった後、自分で求人案件をチェックして就職活動を行うのと比較して、負担するエネルギーや時間、コストが少なくて済むというメリットがあります。また、研修期間終了後に双方の条件が折り合わない場合、その段階で入社を辞退すれば、自分にとって不本意な就職しなくて済むため、双方にメリットがあるものです。

また、いくらリーズナブルなサービス料金設定がなされているスクールでも、利用するだけの価値がある指導が行われなければ意味がありません。そのようなリスクを回避するために、ITエンジニアを育成する教育機関を選ぶにあたっては、指導内容の充実度を確認してみることも大切です。中でも、現場を熟知した講師が指導を担当し、実際に仕事をするにあたって本当に必要となるスキルを効率的に習得させてくれるところは利用価値が高くなります。さらに、知識を詰め込むのではなく、機器を使用して体験しながら覚えるスタイルの研修は、スキルを習得しやすく、忘れにくいというメリットがあります。



利用するエンジニアスクールを選ぶにあたってのチェックポイント



ITエンジニアを育成するスクールの中でも、未経験からSEを目指したい人を快く受け入れてくれるところは、初心者でも安心して利用することができます。また、皆さんの中に、経験者でありながらも基礎的な内容を学び直したいと考えている方がいるかもしれません。そのように、現在のスキルや学ぶ目的は人それぞれに異なります。こうした状況の中で、一人ひとりのスキルや目的にマッチした指導を行ってくれるエンジニアスクールは、幅広いシーンで活用することができます。

また、IT業界では、日々新しい技術が生み出されています。そのように、目まぐるしく移り変わるIT業界の現状に対応するために、常に新たな技術・知識を採り入れ、毎回オリジナルの内容で研修を行っているスクールもあるため、チェックしてみると良いでしょう。

そして、研修期間が終了した後、正社員として入社したスタッフを対象として、入社後も豊富な研修制度を用意しているところも存在します。このようなシステムを上手に活用すれば、エンジニアになってからのキャリアステップもスムーズに、スピーディーに行うことが可能です。



入社後のフォローやITエンジニアの職種などに関する情報



未経験からSEなどのITエンジニアになることを目指して教育機関を探す場合には、研修期間が終わり、入社した後も充実したフォローを行ってくれるところを選びたいものです。ひと口にITエンジニアと言っても、その仕事内容はバリエーションに富んでいます。そのような状況の中で、入社後にキャリアステップをするための方法を話し合いながら一緒に考えてくれる業者は、利用価値が高くなります。

また、技術を向上させるための研修だけでなく、資格の取得を目指している人を対象としたフォローも行ってくれる業者は、活用シーンがさらに広がります。中でも、有資格者がフォローしてくれるところならクオリティーの高い指導を期待することができます。

さらに、技術的な面だけではなく、社会人としての人間力を向上させるための研修も行なってくれる業者が存在します。例えば、ビジネスマナーや会話のテクニックなど、社会に出て働く時に必要となるスキルを高めるために研修を実施しているところもあるため、チェックしてみることをおすすめします。

このようにITエンジニアになる方のために様々なフォローを行ってくれる業者がありますが、ITエンジニアといっても様々な職種があります。例えばネットワークエンジニアやサーバーエンジニア、データベースエンジニア、セキュリティーエンジニア、システムエンジニア、プログラマーなどです。その中でも、ネットワークやサーバー、データベース、セキュリティーに関係する業務を担当する「インフラエンジニア」と呼ばれるスタッフになるための指導を行っている業者もあるため、気になる方はチェックしてみると良いでしょう。このようなスクールでは、インターネットを活用したサービスを利用するにあたって、基盤となる部分の内容を学ぶことができます。

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC