ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > SEの転職、どんなことを気を付ければいい?

SEの転職、どんなことを気を付ければいい?




求められるスキルはかなり高いと思っておく方がいい



企業だけでなく、個人宅でも今はパソコンがない生活が考えられないというくらいにITは浸透しています。企業ではIT関連の投資がかなり多くなり、常に新しいシステムを用意し、時代の流れに乗っていけるように苦労しています。以前は、IT企業からシステムエンジニアに来てもらって不具合をみてもらったり、新しいシステムの導入などをお願いしてきたりする企業も多くありましたが、最近は社内にSEを雇用し、何事にも即時対応できるようにしている企業が多くなってきています。社内のシステムエンジニアという考え方が浸透する中で、今SEとして勤務されている方も何らかの事情で別の企業に転職することを検討している人も多くなっています。しかしシステムエンジニアは非常に需要が高まっていること、さらに高いスキルを求められることが多いという点で、自分が思うような転職が出来ない場合もあります。

社内SEとして転職を考える場合、ITの技能、知識を持っていればいいということはありません。システムエンジニアとしての知識や技能のほかに、その企業の業務知識、さらには対人スキル等も必要となってきます。システムを構築しその運用を行っていく中で、業務を理解しているということは必要になりますし、業種それぞれにおける専門知識を持っていないことには、どういうシステムを構築していけばいいのかもわからないのです。社内で活躍するシステムエンジニアになるためには、予算について管理できる能力も必須でしょう。発注から見積もり、精査を行い料金交渉をするという所まで行うのが、社内のシステムエンジニアです。

通常、IT系企業でクライアントからこういうシステムを作ってほしいと依頼されて仕事をしていた場合、そのシステムを作るということが仕事で、交渉等は別の担当者がおこなってくれていたかもしれません。しかし社内のシステムエンジニアとなれば、こうした交渉も含めて、予算管理能力がないとやっていけないのです。



実績と経験、それに資格はありますか?



システムエンジニアとして転職を考える場合、その能力がどのくらいのものなのか、面接をしてくれる担当の方に理解してもらう必要があります。転職者は、IT系の資格など保有しているがスキルが身に付いていない、能力を持っているが自信がない、システムエンジニアとしての経験も実績もあるが資格を持っていない、などさまざまです。履歴書、自己PRなどの書類を見て、面接担当官がその人のスキルを理解するのですから、SEへ就職するときこそ、実績や経験、資格の有無が求められるのです。

ある程度の年齢になってから…ということなら、なおさら高いスキルを持っており、なおかつ実績、経験があるかということを面接側は知りたいでしょうから、資格プラス、経験や実績はどうだったのかという事を確認し、その人の能力を判断します。年齢が上がれば、実務経験と共に、リーダーやマネジメントに対するスキルも欲しいと考えますので、管理能力を問われることも少なくありません。その能力を持っているかどうかを把握してもらうためにも、実績は必要になりますし、プラス、資格を保有し知識、技術、管理能力があるという証明も必要になります。



スクールや講習等を利用しよう



資格には、通常年齢制限などはないため、やる気がある人なら、就職先を変える時にも資格取得を考慮することが多くあります。最近は、こうした資格取得を考える際に、講習やスクールに通うことも非常に多くなってきており、スクールや講習を利用して、いち早く資格を取得できるように通われている方も少なくありません。研修や講習などは詰め込み学習ではなく自分のものにするためのものですので、しっかり指導してくれるところを選ぶ方がいいでしょう。

システム系の知識がない、経験も実績もないという人でも、この先の就職を目指してスクールに通いたいという人もいるでしょう。中には機器に触ったことのない未経験でも受け入れてくれるスクールもありますので、本気でシステムエンジニアになりたいと思っている人は一度問い合わせをしてみるといいでしょう。真剣にこの先、社内SEになりたいという気持ちを持っている方、またIT企業でシステムエンジニアとして仕事をしたいという人は、スクール等に行くことを考えてみてはいかがでしょうか。

こうした講習やスクールを受けるという時には、基礎から学ぶことができるので、独学では知ることができない便利なシステムや機能を理解できるということもあります。またトラブルが起こった時にどのように対処すべきかということも、こうしたスクールの講師が丁寧に教えてくれますので、就職や転職にしっかりと活かすことができます。すぐにでも現場で活躍できるように指導してもらえるため、厳しい研修になる場合もありますが、即戦力になれる可能性があります。中には、その後の就職活動もしっかり面倒見てくれるスクールもあるので安心して受けることができます。

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC