ITTC

無料ITエンジニアスクールITTCトップ > コラム > SEはどのような仕事内容で働いているのか

SEはどのような仕事内容で働いているのか




SEの仕事内容を理解しよう



将来を見越して手に職を付けたいという人は、現在、非常に多くなっています。確かに、営業などのノウハウなどを理解しているということも、転職や就職に必要な事柄ですが、技術を持っているというのは非常に強みとなります。スキルや資格を保有していて、そのもっている能力を証明できる人は、現在転職を考えたいという場合でなくても、将来的にも転職を現実的に行うことができます。

では、SEとはそもそもどういった仕事を指すのか説明します。SEとはシステムエンジニアと呼び、システムに関わる技術者をいいます。クライアントからこういうシステムを作りたいといわれてシステムの構築を行いますが、クライアントのニーズをしっかり分析しなければ、ニーズに応えられない場合があります。そのため、このシステムエンジニアという仕事はどういう仕事内容なのかを把握することが重要です。なお、この流れを上流工程と呼びます。

クライアントからシステムの構築など依頼されたら、どういうことを行えばいいのか、要求に対して分析を行い、どういうことを行っていけばいいかの定義を作ります。クライアントの要求にこたえることを目標に、少しでも要求に近い仕事ができるように基本設計を作ります。基本設計が出来たら詳細設計によって仕様をもとにどのような技術や仕組みで制作、実現していくのかという事を決めていきます。細かな工程をプログラマーに指示しながらクライアントの要求により近いものを作っていき、テストを行い、納得のいくものが出来れば納品となります。



どのような流れで仕事を進めるのか



SEとプログラマーは同じようなものと思っている人もいるかもしれませんが、システムエンジニアの場合、システムの設計、開発、テストなどを行うのが主な仕事で、プログラマーとは仕事内容が異なります。企業によっては、プログラマー的な存在として活動している方もいるかもしれませんが、通常SEといえば、クライアントから依頼された内容をしっかり把握し、その依頼に沿うような仕様を作り、詳細な設計を行ってからプログラマーに指示し、その後、開発、テストなどを繰り返し作っていく仕事です。クライアントから依頼があり、その依頼の内容を深く理解するために、要求分析を行います。ここでわからないことや理解できないことがあると最終納品物にも違いが出てきますので、しっかり聞き取り調査なども行います。

要求分析の内容をまとめ、要件定義を行い、その中で仕様を決定し基本設計に入ります。基本設計ではシステムでどのようなものを構築するのかを考えます。次に実際、成果物を作るためにプログラミングを行うための詳細設計を作成しプログラマーにどのようなものを作るか指示を出し、プログラミングをしてもらいます。テスト物が出来たらまずその内容が仕様にあっているかどうかを確認し、あっていないようなら修正、さらにテストと繰り返し、最終的にシステムが構築されます。この出来上がったものが実際にシステムとしてしっかり稼働するか確認し、クライアントに納品し、システムエンジニアの仕事が終了します。

スクールや講習を実施しているところもあり、中には未経験でも引き受けてくれるところもあります。全くの素人であっても、即戦力として将来働いている可能性もあります。座楽だけでなく、実際の機器を用いて構築をするところもありますので、より分かりやすくなっています。勉強だけでなく、実際に必要なスキルのみを習得できます。実際の業務に入ったときに役立てる知識がないと、実際業務に就いたとき自己解決能力が養えます。



SEの仕事内容から考えるやりがいとは



クライアントから要望を聞きその要望を実際の形にしていく際、バグの修正などもしっかり行う必要があります。このように、システムエンジニアの仕事というのは非常に細かく繊細です。どこがおかしいのか、時にはバグを見つけるために時間を費やすこともあります。しかし、SEはこうした仕事にやりがいを強く感じ、この先もっと高いスキルをもってより良いシステムを構築したいと思っている人も多くいます。中には、システムエンジニアになったからには、大きなプロジェクトにかかわることが目標という人もいるでしょう。

ではシステムエンジニアの仕事内容から見るやりがいとはどういうことなのでしょうか。例えば、新しい技術を身に付けたという時には、これから作業が少し楽になると喜ばしい事ですし、スキルアップしたということになるので非常にやりがいを感じます。クライアントが素晴らしいシステムだとほめてくれたり、役だっていると感謝してくれたりすると、より一層頑張ろうという気持ちになるでしょう。実際に自分が手掛けたシステムをユーザーと見かけた、実際に利用する機会があると、これは自分が作ったシステムだと思うと感動できるかもしれません。大きな費用がかかるプロジェクトなどもありますので、責任重大だと思う方も少なくありませんが、やりがいのある業務も多くSEにしか感じられない感動もあるので、この仕事は楽しいという人が多いのでしょう。

次の記事へ

無料ITエンジニアスクールのITTC