無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニアを目指すならITTC

無料エンジニアスクールのITTC

受講生インタビュー

無料エンジニアスクールITTC  ›  受講生インタビュー  ›  受講生インタビュー02

自分の持つ「言語」を一つ増やすこと

収録日: 2017.04.26 公開日: 2017.06.15

氏名 匿名希望 Mさん
年齢 24歳
性別 男性

これまでの経歴

四年制大学を卒業したあと、アートの世界に惹かれ、都内の美術館でアルバイトをしていました。大学在学中から、洋服が好きでアパレルブランドでアルバイトをしてみたり、音楽が好きでバンド活動をしてみたりと、なかなか方向の定まらない人間でした。また、大学では英語圏やドイツ語圏の文学文化やアートを学んだほか、留学や海外でのボランティア活動も経験してきました。

ITエンジニアを目指そうとした理由

ITと英語を通して様々なバックグラウンドを持った人やモノと関わりたいと思い、ITエンジニアを目指しました。未知のものに触れ、それまでの価値観や感性が覆される瞬間というのは、私が生きていく上での原動力だと考えています。これまで外国語を学んだり、海外の文化に多く触れてきたのも同様の理由からでした。そして今回、ITの知識を身に着けて自分の持つ「言語」を一つ増やすことで、視野をより広げたいと考えました。

受講前後の気持ちの変化

‹受講前›
パソコンとはいえ、本質的には機械に関する技術の勉強…。これまでもっぱら文系の勉強ばかりしてきた私が、そんな研修の内容についていくことができるのか不安が大きかったです。理系的な頭の使い方にも正直なところ抵抗がありました。
‹受講後›
想像以上に内容を理解できた上に、理系的な頭の使い方を楽しめるようにもなりました。知識と知識が紐づき答えが導き出されるという感覚が、こんなにも楽しいのかと自分でも驚いているほどです。

受講中最も興味を持った内容

ネットワークとサーバー、データベース間の連携、そして仮想化の内容に興味を持ちました。現在のトレンドでもあるIOT、仮想化といったワードとも直結する内容でもあっので興味深かったです。どうして家電がインターネットと繋げられるのか、そんな仕組みを少しでも理解できたことは嬉しかったです。とは言ってもひとつひとつの設定は非常に込み入って複雑なものだったので、今後も時間を見つけて学習していきたいと考えています。

最も難しかった(苦労した)内容

サーバーの内容です。特に、仮想のサーバーを立ち上げてアドレスやポートなどの設定をしていく作業は、非常に苦労しました。そこでは、それまでに習ってきた全ての知識を総動員しなければならず、キーワードをひとつ覚えていないだけでも、授業について行けなくなってしまいました。結果的には、復習を徹底することで遅れを取り戻すことができました。なにせ短い期間で幅広い内容を吸収するので、日々の復習をどれだけコツコツこなせるかが鍵になると思いました。

今後どのようなエンジニアになりたいか

大学時代の経験も活かし、グローバルな拠点で活躍できるブリッジSEになりたいと考えています。最初の現場はネットワークに関連する業務でもあるため、まずはネットワークの知識をしっかりと身につけたいです。追ってサーバーに関しても勉強をしていき、最終的にはデータサーバーにも関われるレベルまで勉強を続けてまいります。

ITTCについて

ITTCは15日間でプロのエンジニアになれる即戦力エンジニア育成プログラムです。
知ってるけど使えないではなく、知っていて使えるエンジニア教育を主におきIT現場における即戦力になれる教育を行っております。
対象は完全未経験者からなので、異業種からのキャリアチェンジが可能です。
ITTCは無料で行っているのでITを体験してみたい、触れてみたいといった方も大歓迎です!
就職に悩んでいる方、ITに興味があるけども向いているかわからず悩んでいる方、無料ですので是非受講してみてください!また、運営会社アクシス・クリエイトではITTCを受講いただいた方に対し、積極的に正社員採用を行っております!