無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

Facebook Twitter

ITエンジニアの仕事内容

そもそもITってなに?

現代、多くの方がスマートフォンをはじめとしたパソコンや音楽プレーヤー、ゲーム機などの最新機器を使用するようになりました。
そんな中で、皆さん一度は『IT』という言葉を耳にしたことはないでしょうか。
ここ数年で人々の暮らしを支える技術は飛躍的に進歩し、大半の人の生活には『IT』が必須となるまでなりました。

ただ、『IT』という言葉を知ってる、聞いたことはあるものの、実際に何をしているものなの?と聞かれるとなかなか答えるのは難しいかと思います。
それは、今の日本において『IT』というものは人々の生活へ浸透し、生活の基盤の一つになっているためです。
生活の基盤になってしまうと、世の中にあって当然のものとなり意識しづらいものになってしまいます。
ですが、意識してみると人々の生活の周りには『IT』が関わるものであふれています。

簡単な例を上げますと、最初にあげたスマートフォンなどを始め、電車や信号などの交通機関にかかわるもの、自動販売機にレジなど、身近に触れるものでも多量に上げることができます。
当然、インターネットも代表するものです。

こんなにも身近ある『IT』ですが、簡単に5つの分類にわけて紹介することができます。
その5つというのが下記の

・インターネット業界
・端末などのハードウェア
・アプリケーションなどのソフトウェア
・ネットを利用するのに必須のプロバイダ
・光ファイバーなどの回線

などになります。
ITとはこれらに分類された仕事でコンピューター技術にかかわる業界になります。
そして、それぞれ分野の中でさらに細かく役割が分かれていきます。

ですが、なかなか言葉で言われてもイメージがつきづらいかと思います。
なので簡易的ではありますが図を用意いたしました。

上記の図を見て頂くと『インフラストラクチャー』、通称インフラと呼ばれる箇所が基盤になっているのことが分かるかと思います。
このインフラというもは水や電気、ガスなどにも存在し人々が生活をする上非常に重要なものです。
『IT』分野におけるインフラも非常に重要なもので、このインフラと呼ばれる部分がしっかりしていないと『IT』関係が成り立たないほどです。
一つ例を出しますと、IT分野のインフラがしっかりしていないとこのサイトを見るのにも使っている『インターネット』がまず使えなくなります。
そうなると、メールやナビなどネットワークを使ったサービスがすべて使えなくなります。

IT業界においてその重要なインフラ部分に関わる職種のエンジニア達のことを『インフラエンジニア』と呼びます。
先にも話には出しましたが、ITに関わる全てのものにインフラは必要です。それは、インフラエンジニアの方々によって支えられるということになります
すなわち、ITが私たちと切っても切れない関係となった今、私たちの生活はインフラエンジニアの方々によって支えられているということです。

このIT業界において最も重要な職種の一つである『インフラエンジニア』ですが、興味が沸いてもなかなか何をしたら良いかわかりずらいかと思います。
そこでそのエンジニアになるための教育を『ITTC -IT TRAINING CENTER-』では行なってきます!

では、先ほど紹介したそれぞれ職種における実際の仕事とはどんなものでしょうか。
早速ご紹介していきたいと思います。

ITエンジニアの種類と仕事内容

ネットワークエンジニア

コンピュータや周辺機器などをつなぐ、コンピューターネットワークのシステムの構築、設計、運用・保守をネットワークプログラミングなど行う職種です。
ネットワーク構築後はシステムのネットワークシステムに障害があった際に、保守を行います。
ネットワークエンジニアの認知度が低いためか、ネットワークを専門とする技術者が少なく、技術者としての市場価値がとても高い職種となります。

サーバエンジニア

コンピューターシステムを運用するうえで必須ともいえるサーバー機器の設計、構築、ソフトウェアの設定をする職種です。
構築後はサーバーに障害(故障や、電源が落ちたり、サーバーにつながらなくなる)があった際に対応やセキュリティ対策などの保守を行います。
近年では、仮想化技術(一台のサーバーハードウェア上で複数のOSを動作させる技術)などの新技術により、技術者としての市場価値が上昇しています。

データベースエンジニア

データベース(検索や蓄積が容易にできるよう整理された情報の集まり)の開発、設計、もしくは運用・管理を行うエンジニアの総称です。
企業の情報システムを支えるために必要不可欠な職種です。
また、データベース製品を専門に扱うエンジニアはまだ少なく、近年では技術者としての市場価値が上昇しております。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアとは、情報セキュリティ(企業の情報システムを取り巻くさまざまな脅威から、情報資産を機密性・完全性・可用性(三大要件)の確保を行い、正常に維持すること)に特化したエンジニアのことです。
セキュリティに配慮したシステムの設計、構築、運用、そしてサイバー攻撃を未然に防ぐための調査や改善などを行います。
IT技術職のため、黙々と作業をこなしていくイメージがあるかと思います。ですが、実際にはクライアントとの意見交換や話し合いをすることが多く、コミュニケーション能力や技術者の人柄も重要視される職種です。

SE(システムエンジニア)

顧客の要求から仕様を決定し、大まかな設計をするまでの情報システム開発における上流工程を担当します。
企業や開発チームによって仕事の内容が異なることはありますが、システムエンジニアが担当する上流工程はクライアントとのヒアリングを行い「要求の分析・要求の定義」クライアントのニーズを実現するシステムの設計を行う「基本設計」、基本設計フェーズで決めた実装予定の機能に対し、どのような技術や仕組みで実現するのかを決める「詳細設計」そして、これらの行程が完了しシステムが形になった後にきちんと動くかを確認する「テスト」が業務となります。

プログラマー

SEの設計した通りに実際にプログラムを書くことが仕事です。
プログラムとは、コンピュータの動作を制御するために命令処理を行うものです。
プログラマーこのプログラムの作成、導入、利用、分析、プログラムに関する文書(マニュアルなど)作成が業務となります。
SI(システムインテグレーター)業界の企業に入るとまずプログラマーからキャリアスタートさせることが一般的です。
近年では海外プログラマーが浸透してきており、国内のプログラマーの市場価値が見直されております。

 

以上が大まかな業務内容となります。
スマフォなどでゲームをされる方などはイメージしやすいかもしれませんが、上記のネットワークエンジニアやサーバーエンジニア、データベースエンジニアの方々がいないとゲームのデータをアカウント毎に保存したりすることができなくなります。
そもそも、オンラインゲームだった場合アクセスができなくなってしまいます。
そしてセキュリティエンジニアの方々がいないと安心してクレジットカードや個人情報登録など行うことができなくなってしまいます。
そしてSEとプログラマーの方々がいないとアプリそのものが出来上がってこなくなってしまいます。

表向きにはあまり見ない職種ではありますが、皆さんが日々使っているものの後ろではたくさんのエンジニアが関わって成り立っています。
さらに興味がある方はぜひ下記リンクからそれぞれの職種詳細へとお進みください!

さらに詳しく!

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー