エンジニアの仕事

無料エンジニアスクールITTC  ›  エンジニアの仕事  ›  

データベースエンジニア

データベースエンジニアは何をする人?

まず、データベースというのは、検索や蓄積が容易にできるように整理された情報の集まりのことで巨大な倉庫のようなものです。
データベースエンジニアはそのデータベースの開発・設計、または運用・管理を行うエンジニアの総称です。

データベースエンジニアの仕事内容

現代においては、多くの企業で顧客情報や商品情報といったあらゆるデータがITを活用し紙媒体からデータベースに移行し、システムによって管理されています。
大量のデータは「ビックデータ」と呼ばれます。
これらの情報を管理するデータベースに情報を保存したり、必要な時に情報を瞬時に取り出せるようにシステム構築・運用したりすることがデータベースエンジニアの仕事です。

そんなデーターベースエンジニアには大きく分けて「開発」「運用」「活用」の3つの仕事があります。

1.データベースの開発、設計

OracleやMicrosoft SQL Serverなどのデータベース製品を扱い、クライアントやビジネスにとって最適なデータベースを設計・開発するソフトウェアエンジニア業務です。

2.データベース運用・管理

開発・設計したデータベースをインフラ面から管理・運用し、データを長期的に保存するためにバックアップを取ったり、ストレージ(データが保管・保存される場所)やサーバーの最適化や使用効率を上げるための対策を行います。
また、稼働中のデータベースの安全性と利便性の双方を考慮した運用も求められます。

3.データベースの活用・提案

時には従来のエンジニア業務の枠を超え、自身が運用しているサーバーをどう活かすかをクライアント側に提案することもあります。
その際に、どのような形で分析、運用すれば企業戦略に活かせるかなどの経営戦略まで提案できるエンジニアは重宝されます。

データベースエンジニアに必要な能力とは?

データベースエンジニアとして活躍するには、現在主流となっているデータベース製品(OracleやMySQL、PostgreSQL、Microsoft SQL Server)の知識や実務経験が望ましいです。
近年はビックデータを扱う機会が増え、高速なデータ処理が必要となる場合多くあります。MongoDB、Memchached、Redisなどの最新データベースソフトが扱えるとメリットになります。
データベースエンジニアは他部門の方や他のエンジニアと連携して作業を行うことも多いため、コミュニケーションスキルは不可欠です。 そして、データベースは貴重なデータであるがゆえ、それを守る責任感や細かな作業に集中できる忍耐力も必要です。

データベースエンジニアの将来性

データベースエンジニアはその仕事の性質上業務範囲が広く、深い専門性が求められます。
なおいっそうデータ社会になっている近年では、さらにデータベースエンジニアの活躍範囲は広がることが予想されます。
情報システムを支える必要不可欠な職種であり、増えつつあるニーズとは対照的にデータベースエンジニアの数は少ないため、市場価値はますます高くなっています。
適切な知識を有したデータベースエンジニアは、アプリ開発からインフラなどの現場でも貴重な存在となるでしょう。 まだまだデータベース製品を専門に扱うエンジニアは少なく、技術者としての価値の高い職種となっています。

データベースエンジニアを目指す方へ 今だけ「完全無料」!!のスクールを受講して未経験からデータベースエンジニアに転身しませんか。