ITTC

エンジニアの仕事

トップ  ›  エンジニアの仕事  ›  インフラエンジニア

インフラエンジニアとは?

インフラエンジニアといわれても、普段生活をしているうえではあまり聞かない単語だと感じます。
インフラエンジニアとは、いわば「縁の下の力持ち」皆さんの生活を影ながら支えている人達です。
スマートフォンやWEBサイトなどをアプリケーションと呼ぶのですが、これらを作っている方々を「アプリケーションエンジニア」と呼びます。
そのアプリケーションの実行基盤を作っているのが「インフラエンジニア」です。
実行するための基盤の部分がしっかり作られていないと、アプリケーションエンジニアは仕事にならないほど、大事な職種です。
また、インフラエンジニアは細かく職種がわかれていくのですが、このページではインフラエンジニアという大きなくくりでご説明させていただきます。
各種詳しい職種についてはITエンジニアの仕事からご覧いただくことができます。

インフラエンジニアの役割

インフラエンジニアとは、上記でご説明した通り縁の下の力持ち。普段私たちが生活しているうえは見えない部分で活躍している方々です。
インフラエンジニアのかかわる部分は非常に重大で広く、アプリケーションやシステム、電話やインターネット、ITにまつわるすべての基盤を構築しているITエンジニアのことを言います。
皆さんが何気なく使っているスマートフォンやパソコンなどが常時通信できるのも、インフラエンジニアが日々通信状況を見守っているからこそ可能なのです。

インフラエンジニアとしての仕事

主に下記のものがインフラエンジニアとしての仕事になります。
インターネットなど通信に携わるネットワークエンジニア。オンラインアプリケーションやWEBサイトを動作させるうえで必須なサーバーといわれるものに携わるサーバーエンジニア。
データーをシステムに登録、格納しておく場所のデータベースといわれるものに携わるデータベースエンジニア。そしてこれらを外敵から守るセキュリティエンジニアといわれる方がいます。

上記の職種は代表的なものを大まかに分類したもので、さらにここから細かく分かれていきます。
各職種の細かな仕事については上記でも書きましたが「ITエンジニアの仕事」のページから各職種の仕事を見ることができますので興味がありましたら是非確認いただければと思います。
インフラエンジニアはIT化が進んだ現代においてなくてはならない貴重な仕事です。
そして、業務内容は多岐に渡ります。
しかし、ITエンジニア。特にインフラエンジニアは現代の日本において不足しているのが現状です。
ITトレーニングセンターでは、インフラエンジニアの不足に少しでも貢献するためと、IT業界促進のために未経験者を対象としたインフラエンジニアになるための教育を行っております。
短期間とはいえ、上記でご説明した職種を体験できるので職種選択の参考にもなります。
少しでも興味がありましたら無料ですので是非一度受講してみてください。

インフラエンジニアを目指す方へ
今だけ「完全無料」!!のスクールを受講して未経験からインフラエンジニアに転身しませんか。

ITエンジニアの仕事について詳細は以下からもご確認いただけます!