無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

Facebook Twitter

プログラマー

 

プログラマーって何をする人?

プログラマーとはシステム開発において、システムエンジニアが作った詳細設計書に基づき、ソフトウェアなどのプログラミングを担当します。
システムエンジニアとセットで動いていることが大半で、システムエンジニアとクライアントとのやり取りにて決まった設計に基づき、実際にシステムをつくるのがプログラマーということになります。
プログラマーは企業や開発チームによって業務内容は異なりますので、かならず上記のような業務内容とは限りません。
プログラマーを目指す方は、求人詳細や、面接時などの質問で確認することをお勧めいたします。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事は企業や開発チームによって変わることがあるというのは先の記述にて説明しました。ここでは一般的にプログラマーが担当する業務についてご説明いたします。

プログラマーは主にシステムエンジニアと仕事をすることが多いです。
一般的にはシステムエンジニアがシステムの仕様書を作成し、それに基づいてプログラムを作り上げていきます。
しかし、プログラムを作り上げてもそれで完了ではありません。
仕様書はあくまでも仕様書で、実際に動かしてみた際になにか不具合が起こる可能性があります。
聞いたことがあるかもしれませんが、これはよく「仕様バグ」といわれるものです。
このバグをみつけるのもプログラマーの役目の一つといえます。
こうしたバグを見つけるのも踏まえ、テストを繰り返し、不具合を修正することでシステムやソフトウェアは完成していきます。
そのためプログラマーには忍耐力と根気が必要になってきます。

時にはプログラミング以外にもリリース作業や機能仕様書の作成など多岐にわたる場合もあります。 また、システムエンジニアから渡される仕様書に何から何まですべて詳細に記載されていることはあまりありません。
どこか抜けていたり、大まかに書かれている場合があります。
プログラマーにはその仕様書から内容を把握し、頭の中でプログラムに変換していかなくてはならない場合もあるため、そういったスキルも時には求められます。

プログラマーに必要な能力とは?

プログラミング能力はもちろんのこと、プログラマーには仕様書に記載されている内容を把握し、頭の中で把握したものをプログラムに変換し、それを書きおこさなければならないことも多いため、読解力や理解力も必要とされます。
また、仕様書に沿って作るため、黙々とした作業をすると思われがちですが、実際に業務を行うとプログラマーにもコミュニケーション能力が必要とされてくる場面があります。
たとえば、システムやソフトウェアを組む際に会社(クライアントや自身が所属する企業)のことや開発システムの背景、業務内容について知る必要がある時などです。
おそらく、調べるのに一番早い方法、は会社の方々と話したり、コミュニケーションをとることです。
中には仕様書を見ただけでわかると思う方もいるかもしれませんが、チームメンバーと意思疎通しながらプロジェクトを遂行していくことが大事なのでコミュニケーション能力は必要です。
技術があればやっていくことはできるかもしれませんが、コミュニケーションを拒み続けてる限り成長はありません。

プログラマーの将来性

プログラマーはここ数年で需要が伸びているので、これからもどんどん人気の集まる仕事でしょう。
そして経験をつめばいくらでも知識を増やすことができ、報酬が上がるのも事実です。
また、プログラマーを続けていくのもいいですが、将来的にいろいろな目標を考えることができますので、プログラマーからシステムエンジニア、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャー、ITコンサルタントなどへ転身することもできます。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー