エンジニアの仕事

無料エンジニアスクールITTC  ›  エンジニアの仕事  ›  

プログラマー

 

プログラマーは何をする人?

プログラマーはシステムエンジニアが作った詳細設計書に基づき、ソフトウェアなどのプログラミングを担当します。
企業や開発チームによって業務内容は異なりますが、設計に基づき実際にシステムをつくるのがプログラマーです。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事内容

ここでは一般的にプログラマーが担当する業務についてご説明いたします。

プログラマーは主にシステムエンジニアと動くことが多いです。
システムエンジニアがシステムの仕様書を作成し、それに基づいてプログラムを作り上げていきます。
しかし、プログラムを作り上げてもそれで完了ではありません。
実際に動かしてみた際に不具合が起こることがよくあります。これがよく「バグ」といわれるものです。このバグをみつけるのもプログラマーの役目の一つです。
テストを繰り返し、不具合を修正することでシステムやソフトウェアが完成していきます。そのためプログラマーには忍耐力と根気が必要です。

プログラミング以外にも時にはリリース作業や機能仕様書の作成などが必要な場合もあります。 また、システムエンジニアから渡される仕様書にすべて詳細に記載されていることはあまりありません。
プログラマーにはその仕様書から内容を理解し、プログラムに変換していかなくてはならないため、想像力も時には求められます。

プログラマーに必要な能力とは?

プログラミング能力はもちろんのこと、読解力や理解力も必要です。
黙々と作業をすると思われがちですが、プログラマーにもコミュニケーション能力が必要とされる場面が多々あります。システムやソフトウェアを組む際にクライアントの開発システムの背景や業務内容について知る必要がある時などです。

技術も大切ですが、チームメンバーと協議しながらプロジェクトを遂行していくためにはコミュニケーション能力は不可欠です。

プログラマーの将来性

現在もプログラマーの需要は伸びています。今後も人気の集まる仕事です。
そして経験をつめばいくらでも知識を増やすことができ、報酬が上がるのも事実です。
また、将来的に様々な目標を立てることができますので、プログラマーからシステムエンジニア、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャー、ITコンサルタントなどへ転身することも可能です。