無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニア目指すならITTC!

Facebook Twitter

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアって何をする人?

システムエンジニアという単語は「IT業界の仕事」にて紹介したの中では比較的耳にしやすい職業ではないでしょうか。SEとよばれてることが多い職業です。
システムエンジニアとはその名の通り、システムに携わる技術者です。
システムにかかわる技術者は多くいますが、システムエンジニアは顧客(クライアント)からの要求(ニーズ)に対し、クライアントのニーズを分析したり、定義して仕様を決め、大まかな設計をするまでの情報システム開発の行程を担当します。
この工程は上流工程と呼ばれます。その際にただ設計するだけではなく、プロジェクトの予算や人員、進捗管理などマネジメントも大切な業務の一つです。
コンピューター言語を使って実際にソフトウェアを組むのはプログラマーの役目となります。
しかし、企業や開発チームによってシステムエンジニアの仕事は異なる場合があります。

システムエンジニアの仕事内容

上記にて記述した通りシステムエンジニアの業務は場所により変わってくる場合があります。なので今回は一般的に言われているシステムエンジニアの仕事について説明していきます。
システムエンジニアの仕事内容はクライアントからのニーズを聞き、そのニーズの分析をし、要件定義をし、それをもとに基本となる設計を行い、その基本からさらに詰めた詳細設計を行い、最後にテストを行うのが一連の流れになります。

1.要求分析・定義

最初において非常に重要な段階です。
この工程にてしっかりとしたニーズが聞けていないとこの後の行程に大きな支障が発生致します。
この工程では、まずクライアントにヒアリングなどを行い、どのようなシステムを望んでいるのかを具体的に明らかにします。
しかし、すべての要求にこたえることは難しいのが大半のケースです。そのため、システム開発に必要な期間や費用を算出したうえでニーズをどのように実現していくか決定していきます。

2.基本設計

上記、分析・定義にて決定したデータを元にクライアントのニーズを実現すつシステムの設計を決める行程です。
システムにどのような機能をもたせ、どのように操作するのか、どう表示していくのかなど仕様を決定していきます。

3.詳細設計

基本設計フェーズで決めた仕様を元に実装予定機能に対して、どのような技術や仕組みで制作、実現していくのかを設計、決めていく行程となります。
この詳細設計の段階で、プログラマーがプログラミングをするのみ必要な細かな設計を行っていきます。
この工程が中途半端であったり、不完全、中身がよくわかなくなってしまうとプログラマーがソフトウェアなどを組むのが大変になったり、最悪の場合予定とは違うソフトウェアが出来上がったり、そもそも作れなくなってしまいます。
逆に言えば、より正確でわかりやすく詳細な設計書が作れれば
プログラマーとの連携もしやすく、予定したものが出来上がりやすくなります。

4.テスト

プログラムミングが完了し、システムが出来上がった後に、システムが設計通りの動作をするか確認をする工程です。
しっかりと最初に行った分析、定義に沿って作られているか確認も行っていきます。

システムエンジニア(SE)に必要な能力とは?

システムエンジニアには少なくとも基本情報技術者程度の知識は必要になります。
そのうえ、クライアントとのヒアリングなどがあるため高いコミュニケーション能力と営業力が必要となります。
そして、時にはクライアントが抱える問題の解決策をわかりやすく説明する能力も必要となります。
クライアントにより、システムへの知識レベルは様々です。その知識レベルにあった説明をできることがシステムエンジニアには求められます。
それ以外にも、システムエンジニアはプログラマーとの連携が非常に重要になります。そのためチームをまとめる力も必要になります。

システムエンジニア(SE)の将来性

IT社会が発展した今、どこの企業でもコンピュータネットワーク無しでは仕事ができなくなっています。
そのため、様々な企業で様々なソフトウェアやシステムが求められることが多くなってきています。そうなればシステムエンジニアの必要性はどんどん増していきます。
また、現代の広い年代層でスマートフォンが普及したこともあり、大手企業を中心に新規の開発プロジェクトも増えてきています。
今後はさらにITが普及すると予想される点から、システムエンジニアの将来はより安定しつつあるといえます。

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • SE(システムエンジニア)
  • プログラマー