エンジニアの仕事

無料エンジニアスクールITTC  ›  エンジニアの仕事  ›  

セキュリティエンジニア<

セキュリティエンジニアって何をする人?

セキュリティエンジニアは名前の通り、情報セキュリティに特化したエンジニアです。近年、IT技術は飛躍的に向上しました。
現代はデータ、インターネット社会といっても過言ではありません。
そして、こうした技術が普及すれば、比例して犯罪もおこります。近年ネットワーク犯罪は増加しています。
セキュリティエンジニアとはそういったクラッカー(コンピュータに不正に侵入したり、破壊・改ざんなどの悪意を持ったアクションを起こす人)に対抗するための技術、知識が求められる職種です。
セキュリティにはクライアントととの意見交換が欠かせず、コミュニケーション能力も必要とされます。

セキュリティエンジニアの仕事内容

セキュリティエンジニアの具体的な業務は大きく分け3つあります。
・セキュリティを考えた設計・構築
・システムの運用
・サイバー攻撃に対する調査・対策などです。
その中で、実装や企画、提案、テストと細かく業務が分かれます。

セキュリティエンジニアは非常に広い分野で活動しているため、端的な定義づけは不可能です。
単にセキュリティと言っても、サーバーやネットワーク、データベースなど業種、工程によって業務内容は多岐にわたります。
よって今回は一般的に行われているセキュリティエンジニアの業務について説明をします。

1.企画・提案

クライアントからの要件をセキュリティ面から集積や分析、必要なシステムの提案などを行います。
また、セキュリティ面から管理や意思決定をサポートする業務も行います。
そのため、この段階を行うセキュリティエンジニアは「セキュリティコンサルタント」と呼ばれることもあります。
個人情報保護法の登場により、 ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)やプライバシーマークの取得を目指す企業が増えたため、その取得を目的としたセキュリティコンサルティングを行うエンジニアの需要も高まっています。

2.設計

セキュリティエンジニアはセキュリティに配慮したシステムの設計も行います。
ネットワーク機器や管理、運用形態を理解した上で、セキュリティを考慮したシステム設計を行います。
そのため、幅広い知識が求められる仕事です。

3.実装

ネットワーク機器やOSなど様々なシステムが安全に動くようにセキュリティ観点から実装をおこないます。そのため、設計と同様に幅広い知識が求められる仕事です。
また、『セキュアプログラミング』や『セキュリティアーキテクスチャ』など専門的知識も必要とされます。

4.テスト

システムの脆弱性(コンピューターネットワークにおける安全上の欠陥)を発見する検査や、脆弱性を発見した際の対策を念入りに行います。
この段階では潜在的な脆弱性を発見するために、疑似攻撃を行ったりソースコードのチェックなど、いかに様々なケースを想定できるかが大切です。
脆弱性などを調べるセキュリティ調査は脆弱性診断や脆弱性検査とも呼ばれます。

5.運用保守

システム導入後には、保守を継続的に行わなくてはなりません。
システム障害やサイバー攻撃からシステムを守り、インシデントレスポンス(事故対応)、フォレンジック(不正侵入の調査)といった業務を行います。
セキュリティ攻撃にあった際や、障害が起こった際はいち早く対応することもセキュリティエンジニアの重要な任務です。

セキュリティエンジニアに必要な能力とは?

セキュリティエンジニアには特に必要な資格などはありません。しかし、先に記述した通り非常に幅広い分野に携わることになる職種です。
そのため、常に最新情報・技術を身に着ける必要があります。
また、クライアントと関わる業務を行うため、コミュニケーション能力も必要です。
セキュリティエンジニアは企業の信頼を守る重要な仕事の一つです。

セキュリティエンジニアの将来性

セキュリティエンジニアを求める企業は多く、業務上業界は多岐にわたります。
また、近年は情報保護の流れからセキュリティエンジニアへの期待が高まっています。
今後もさらにデータ、ネットワーク社会は発展していくことでしょう。
そうなればセキュリティエンジニアの活躍範囲は広がり、様々な場面で重宝されることは間違いありません。
そして、セキュリティエンジニアはまだ新しい職種です。そのため様々なキャリアパスを描くことも可能です。

セキュリティエンジニアを目指す方へ 今だけ「完全無料」!!のスクールを受講して未経験からセキュリティエンジニアへの第一歩を踏み出してみませんか