無料ITエンジニア教育研修 本気でエンジニアを目指すならITTC

無料エンジニアスクールのITTC

エンジニアの仕事

無料エンジニアスクールITTC  ›  エンジニアの仕事  ›  サーバーエンジニア

サーバーエンジニアって何をする人?

サーバーというのはネットワーク上においてほかのパソコンに様々な機能やサービスを提供するコンピューターのことを指します。
簡単な例を出しますと、皆さんがスマートフォンで見るインターネットページを表示するのがサーバーの役目です。
このサーバーというコンピューターを構築・運用していくのがサーバーエンジニアです。

サーバーエンジニアの仕事内容

サーバーエンジニアの仕事は大きく2つに分けることができます。
1つはコンピュータシステムを運用するサーバー機器の構築業務、もう1つはサーバー機器の保守業務です。

1.サーバーの構築・設計

構築作業ではサーバーを使用するために構成の設計を行います。
サーバーにはメールサーバー、WEBサーバー、ファイルサーバーなど様々な種類が存在しており、構成の設計とはその成り立ちを組み立てる作業です。
なおかつスペック(使用や性能)、処理能力、通信速度、必要な電源容量などに加え、コスト面も考慮しなくてはなりません。
これらをプログラマーと相談しながら、サーバーの使用台数などを運用しやすい構成へ設計していく仕事です。
あらゆる面を考慮し、先々を見据え運用がスムーズにいくか想定できるスキルが必要です。

2.ラッキング、配線作業

サーバーの構築後に行う業務で、ラッキングや配線など物理的な作業を行います。
ラッキングというのはコンピュータを専用の棚(ラック)に設置・固定し、使用可能にすることをいいます。
将来のメンテナンスのことも考えて設計を行うことが大切です。

3.OS、サーバーアプリケーションの設定

サーバーシステムを動かすためのOSやサーバーアプリケーションのインストール・設定などもサーバーエンジニアの重要な仕事です。
様々な種類のサーバーがあり、利用する目的にあったサーバーに合わせたアプリケーションを設定する必要があります。
WindowsとMAC(Macintosh)OS、スマートフォンはandroidやiOSなどが広く知られています。他に、Unix系OSというものがあります。

サーバーの運用・保守

サーバーの運用・保守はサーバーが実際に運用されているときに、その時々の状況に応じて変更を加え、管理を行う業務です。
たとえは、端末のOSのバージョンアップや、メールサーバー(電子メールを送受信するためのサーバー)にアドレスを追加したりします。監視専用のプログラムによりサーバーにエラーが起こっていないか監視・確認も行います。
そのほかにも、バックアップが正常に作動しているか確認をしたり、攻撃されていないかなど監視を行い障害を未然に防ぎます。サーバーの状態を常に良好に保つことがサーバーエンジニアには求められます。

サーバーエンジニアに必要な能力とは?

サーバーエンジニアは担当するサーバーの種類によって必要な知識やスキルが異なります。
しかし、どのサーバーを扱う際にも、OSやネットワークやセキュリティの知識は必須です。
また、サーバーエンジニアはトラブルが発生した際にはいち早く障害を確認し復旧を行う必要があります。迅速さが求められるため、たとえ夜中や休日であっても作業が発生することがあります。よって体力が必要とされる職種でもあります。
そのほかにも、サーバーエンジニアはシステムエンジニアやネットワークエンジニア、クライアントと向き会う機会が数多くあるためコミュニケーション能力も必要です。

サーバーエンジニアの将来性

近年はスマートフォンやタブレットの普及もあり、クラウド化(インターネットやVPNを通じて外部の事業者のクラウドサービスを利用する形に置き換えること)が進み、ネットワーク知識も必要になりつつります。
また、ビジネスに使用するデータ量が加速的に増えていることもあり、サーバーのデータ処理能力を向上させることがサーバーエンジニアには求めらるようになりました。
あらゆる場所でインターネットを利用したサービスの増加に伴い、サーバーエンジニアの需要が高まり、求人も増加しています。
今後はIT業界が進歩していくにつれ、高いスキルをもったサーバーエンジニアが重宝されることが予想されます。

サーバーエンジニアを目指す方へ
今だけ「完全無料」!!のスクールを受講して未経験からサーバーエンジニアに転身しませんか。